布施明さんのコンサート

感動
05 /18 2011
以前テレビで話されている所をお見かけして
布施明さんって 上手に年を取られたなあと言う印象を受けた。
(歳を重ねて 内面性の感じられる 魅力を備えて という意味)

それでコンサートに行ってみたいと思った。

近くの鎌倉芸術館に来られるということで チケットを 購入したら
たまたま 前から5列目の席が一つあいていて ラッキーだった。

それが2ヶ月延期になって 今度は私のほうの事情で行けなかったら残念だなあと思っていましたが
行けました。

今年64歳になるそうです。
お変わりない。お若く見えると言うか。
歳を取ったときに 蓄積される汚れのようなものってあるでしょう。
それが感じられない。
サイズも変わらないのではないかと思いましたが
それは 変わっているかも。やはり 贅肉はつきます。

驚いたのは 布施さんが 作詞 作曲 戯曲を作るなど されていることを知らなかった。
ドットコムの ノベルに 発表している 小説が面白いらしいですが 見ていません。

コンサートでも ご自分の作詞作曲の歌をたくさん歌われました。

「1万回のありがとう」と言うCD を買って来ました。
お店では売っていないそうです。(ファン倶楽部で購入のこと)
それと 「さよならを急がないで」 と言うのも布施さんの作詞作曲。
もう一つ 「SWAY」 と言うのと3曲入っています。
SWAY と言うのは Noman Gimbel /Pablo Ruiz というかたの作詞作曲ですが
コンサートで 間奏の間など 踊りも入れて 色っぽい 惹かれる歌だったので CDも買いました。
CDで聞いてみると 生で聴いたインパクトはない。

コンサートに足を運ぶのは やはり 生で聴くというのは いいのです。

この 「SWAY」 という曲は (SWAY の意味は 体を横に揺らすと言う意味)
 YOU TUBE で聴けると思いますが (外国のいろんな人が歌っている)
曲は 聞き覚えがあるのだけれど 日本人の歌手は だれか歌っていたでしょうか。
ザ、ピーナツ?が歌っていたかなあ?

IMG_2609akira.jpg

このバラは 布施さんが描かれたそうです。
凄く上手とは言えないけれど絵を描こうとされることは 好感です。

CDの袋の中に ミニにんじんの種も入っていたので撒いてみます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

上の音と下の音をカットして、その比率は昔のレコードよりも幅が狭いと聞きます。ですから生の音は体に突き刺さるでしょう。
トークも楽しいでしょうね。伊達にトップを歩かれたのではない、きっといろんな苦労で磨かれて、素敵な方になられたのでしょう。

恋多き

kazuyooさま♪
若いときに特別ファンだったわけではないのだけれど
年齢を重ねて 魅力を増すかたって うん?と思って 注目しました。

恋多き方でしたでしょう。

Sway

初めまして、私も今年初めて布施さんのライブに行きました。
それからはまってしまって、YouTubeで聴いたりブログ検索したり(笑)

布施さんも言われたとか思いますが、日本ではSwayというより
スペイン語のキエン・セラとして有名な歌ですよね。
ザ・ピーナッツもキエン・セラは歌っていましたが、英語のSwayの
歌詞で歌った日本人歌手は他にいないのではないかと。

余談ですが、アメリカでSwayを大ヒットさせた歌手ディーン・マーティン
の息子さんが布施さんの元妻オリビア・ハッセーの最初の夫ですね。
(布施さんは二番目の夫、今は三番目の方とご一緒のようです)

キエン・セラ

まみさま♪
訪問ありがとうございます。

キエン・セラ!
スペイン語がどうのと そういえばおっしゃっていました。
ぼーっと聴いていて忘れました。
良く耳にした曲なんだけれど・・と思いながら良くわかりませんでした。

5月17日が あのコンサートの 最終日で
今日からかな つぎのコンサートらしいです。

震災から いつも胸のそこにもやもやと辛い思いがあると、言われていました。

前から5番目の席で 遠近両用めがねも持っていったので
良くお顔も見えましたが
お顔はお変わりないですね。

また、当ブログにも お出かけください。

布施さん懐かしい

  お久しぶりです。時々こちらに来られているご様子。またお目に
 かかれたら と思っています。
  布施さんのコンサート思い出します。 私の友人の彼が布施さんの
 親友だと聞いていたので当時ミーハーだった私は図々しくも楽屋に
 訪ねていったのです。 布施さんとのちぐはぐな会話を思い出す度
 今も顔から火の出る思いがします。若気のなせるわざでしょう!
 本当にいい感じにすてきになられましたね。

若い頃

マッキーさま♪
若い頃の布施さんって きれいだったでしょう。
お会いしたことはありませんが。

また 近いうちに行きます。
お変わりありませんか?