サッカーの長谷部選手の本

読書
05 /14 2011
昨日次男が帰ってきて 本をぽんと置いて

「よかった。兄ちゃんにも読ませる。長友選手の本も読みたい」と言った。

ぽんと置いた本というのは
この本です。

IMG_2533.jpg
長谷部選手のことは 頭のよさそうな子だなあと思っていた。
日本のチームが強いのは 長谷部選手のキャプテン力によるところも多いと言われているのを聞いた気がする。

そんな子が書いた本は 若い人にきっといい影響を与えるだろうと
新聞の本紹介を見て 買いに行ったのです。

本屋さんで長友選手の本のポスターは張られていたのだけれど
この本のポスターは無かった。

平積みになっていたけれど すぐにわからなかったので
「サッカーの長谷部選手の本はありますか」と聞いた。

それでこの本を 次男に薦めるときに 長友選手の本もあると言ったのです。
長友選手は武士を思わせる。
特にハンサムでも 長身でもないけれど 凄く魅力的な子(内面性が出ている)だと思うので
彼の本も買いましょう。

さてこの長谷部選手の本は私はまだぱらぱらとしか読んでいないのですが
わかりやすく書いてあって 納得させられます。
若い人だけが読んだらいいわけではないわ。

大人も読みなさいですわ。

大体どこの何の組織でも 優れたひとりの人の存在が 「水澄む」ではありませんが
回りにいい影響を与えて いい結果を出すということは 想像に難くない。
反対に ひとりの悪い人材が 及ぼす影響も計り知れないことがあると思う。

IMG_2534.jpg
9章までありますが 3章まではこんな感じです。

3・・ 整理整頓は 心の掃除に繋がる
11・・孤独に浸かる ひとり温泉のススメ!

など 私も納得の項目。

しっかりじっくり読んで また 後日記事にします。
この本、お勧めと思います。

緩んでいた 鈍感な日常に カツを入れられるかもしれません。

最初の写真下に写っていますが 
本の印税は 東日本大震災に寄付とのことです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

本は良いですね。読むことはほとんどなくなっていますが。
一芸に秀でた方には学ぶところは多いです。そして、市井に埋もれた方でも尊敬する方は見つかりますよね。
すっと心が広がって、希望が見える本が良いですね。

本 新聞

kazuyooさま♪

老眼専用のめがねをあつらえようと思います。
今の遠近両用だと寝転んで読むときに焦点がうまくない。
見えにくくなると読書から遠のきますね。

朝日新聞を 読めない日もあります。
そうすると凄い情報が もったいないなあと思います。