迎え盆の風習

未分類
08 /13 2009
今日から旧暦のお盆でしょうか。
7月にするところもありますが
お盆と言うと8月が一般的な気がします。

先日の四国の法事でお坊さんが言われていたこと。
迎え盆のときは馬で早く帰ってきてということで
きゅうりで馬を作り
送り盆のときはゆっくりお帰りと言うことでナスで牛を作るとのこと。

それからお墓まで迎えに行くところもあり、
北関東の実家では迎えには行かず庭に迎え火をたきます。
それで玄関に足を洗う水をおきます。

コレも地方地方で違いがあるようです。
鎌倉は源義経が帰ってくるところだなあと思って
ちょうどあったヘチマで駿馬を作りましたよ。

2009_08137月21日0008

それからお盆が来るから庭の草をとってきれいにしないと
と言う気持ちがしきりとして手付かずだったところも草を抜いたりしたのですが・・。

実家の母が御盆のまえに一生懸命庭の草むしりをしていた姿を見ているので
手伝いはしなかったくせに日本人としてそういう先祖を迎える気持ちが培われているのでしょうか。

家の西側、あまり通らないし草生え放題でしたが、大きいものだけは抜くという適当さで
きれいにしました。
小さい雑草も一本残らず一網打尽にしなくても
手入れされていると言う印象があればいいのです。
荒れ放題と言う印象を受けなければ。

2009_08127月21日0003

なんだ草いっぱい生えているじゃないと思うでしょう。
しかし取る前はこんなに生えていたのです。
抜いた草の山です。

2009_08127月21日0007

話は変りますが2番目の写真の下半分に映っている葉っぱがつやつやしているような木。前のマンションのベランダから持ってきた毎年アゲハを孵していた柑橘系の木です。
ちっとも青虫が付いていないと思っていましたが昨日見たら大きな青虫が3匹いました。
大きな黒アゲハの青虫と思います。
わざわざ持ってきて植えた甲斐がありました。
前の家のときに付いたのはアゲハはアゲハでも小ぶりなやつだったから
青虫もかわいかったのですが今度の青虫はかわいくないので写真は止めます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へちまと

ゴーヤの駿馬(!?)
ゴーヤもう食べられるね、と罰当たりなこと考えちゃった(笑)
草抜きひとりでなさったの?
熱中症にならないでねー。

雨後の草抜き

mamaさま♪
西側は午前中日陰ですから午前中に
東側は午後翳りますから日陰の時間にやります。
南側は朝6じくらいです。
雨の後は簡単に抜けていいですね。
ゴーヤはチャンプルーでよく食べています。
素あげにしたり、他の料理法も試しているんですがチャンプルー以上のものがまだ見つからず。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わかりました

カギコメさま♪
メールのほうで訂正しておきましたのでお目通しくださいね。