FC2ブログ

今日で10月も終わり

交友
10 /31 2018
今日で10月も終わり。
やはり 6月が過ぎると あっという間にカレンダーは一枚になっていると
以前何度も言いましたが 本当です。

10月は 何があったかな。
いろいろですね。法事が2つあったし 四国に行ったし
バス旅行に行ったし
ボランティア関係の雑用もあったし。

9月にも思ったことですが
顔を合わせた瞬間、お互いに笑顔になる関係というのは うれしいものだなあと思う。
好意を持っていないと瞬間笑顔はできないよね。

なるべくそんな友好的な関係のお付き合いがたくさんある日常で 生きていけたらいいなと思う。

*今できた短歌

満面の 笑顔でさっと 手を伸ばし 握手されたり どうぞ元気で
スポンサーサイト

干し柿つくり

料理
10 /30 2018
実家の兄が渋柿を送ってくれたので今日は 干し柿つくり。
何ということなく終わりました。
前回は 娘が手伝ってくれて 助かりましたが 
あの時は 柿を持つ手が 冷たくて凍えた。
もっと寒くなった時期に作ったのですね。
今ごろの気温でも うまく干し柿になるだろうか?

IMG_0430-1.jpg


27個できました。 あと3個は もう熟しすぎて柔らかくなっていたので
へたの所にお酒を振りかけて器に入れてサランラップをして冷蔵庫にしまった。
甘くなるかなあ。
前に 焼酎を振りかけて渋柿を甘くしたことはあります。
段ボールに新聞で覆って何日間かおいておいたのだと思う。

IMG_0429-1.jpg

これだけ へたの所の木が折れていたので 串にさして下げるようにしました。
柿よりも 周りの自然の不気味さを感じてください。
もう白や赤の精霊がうようよしているようでしょう?

渋柿ができたら 孫のココ君が来て帰るときに
夕食後のデザートと言っていつも2,3個持って行った。
車の後ろの座席に座って自分の横に 大切そうに干し柿の包みを置いていた。

今年の冬も喜んで持って行ってくれるだろうか?

掘り出し物

掘り出し物
10 /29 2018
これは 掘り出し物だったと思う。ボヘミアングラスの花瓶。25センチくらいの大きさ。

IMG_0420-1.jpg
バザーで買った。
とても安かったので値段を言うのははばかられるような。
花を活けるというよりも この花瓶自体で飾っておけばいいと思う。

昨日まで 3日連続で 出かけていて忙しかったので
結構 食べて居たのに さほどには 体重が増えていないようだ。

でもリバウンドが 危ない感じではある。
11月 気を引き締めましょう。

次の二つは ちょっといいものを置いているリサイクルショップで買ったもの。

IMG_0422-1.jpg
この布製のバッグは 何より軽くていい。開口部はマチがついてファスナーもついているので 中身を落とす心配がない。
それに未使用品みたいにきれいだし。
それで1800円は安いと思う。 花は自宅にあったのを付けました。


IMG_0423-1.jpg
バッグを買ったときに このセーター かわいいなと思って これも買おうとしたら
お店の人が太っているのに このセーター着れるの?という感じのことを言ったので
「これLサイズだし よく伸びるような編地だし 大丈夫です  私そんなに太っていないから」と言った。

そしたら 「返品できないから」 というの。もしかして 売りたくないの?

それだったら 試着できますよ とか言えばいいんじゃないの?

でもそう言わなかったし 私も 着れないことなんかないよ と思ったから そのまま買ってきた。

あまり明るい色は 顔映りが悪くなることがあるけれど それは鏡を見て大丈夫と思った。

家に帰って着てみたら 着れないことは無いけれど あらら やはりもう少し痩せている方が きれいに着れると思います。
でもジャンバースカートとか べストを着たら ぜんぜんOK。

紺系のスカートなど 多いですから このセーター合います。
もう少しゆるみがあって着れるように あと2,3キロ 頑張ります。

またターシャさんのこと

旅行
10 /28 2018
清里のターシャミニミュージアムに ターシャさんの作ったアンティックの洋服が展示してあった。
ターシャさんは 洋服でもセーターでもエプロンでも手作りだったのだと思う。
人形作家でもあったし。
しかしそのアンティークの洋服のウエストが細い。
小柄な人だったかもしれない。

IMG_0389-1.jpg

IMG_0390-1.jpg

ミニミュージアムでは 来年のカレンダーと 本を2冊とターシャさんが飲んでいらした紅茶を買ってきました。

ひとつ前の記事で書いた ランチビュッフエが終わったら
清泉寮の敷地をちょっと散策してまた清泉寮新館に戻って

IMG_0415-1.jpg

講演とピアノ。ピアノもとてもよかったです。

IMG_0418-1.jpg

それから 帰り道につきました。

清泉寮には 新宿から バスが出ているようです。

IMG_0419.jpg

宿泊するところ。
IMG_0417-1.jpg

とりあえず ターシャさんの旅行記は 一応これで終わり。




ターシャさんの バス旅行の話

旅行
10 /26 2018
前の記事 写真を載せたままで 話を展開せずに すみません。
ちょっと忙しくて なかなかブログアップの時間が取れません。

ミニミュージアムで 写真を撮ってもいいけれど この写真だけは撮ってはだめと言われた写真が2枚あります。
一枚はターシャさんが24歳のころ 赤ちゃんを産んでおっぱいを飲ませているところ。
上半身は 何も身に着けていなくてバストの下あたりは寝具か洋服で隠れている。

ターシャさんも下を向いていたと思う。赤ちゃんはおっぱいを飲んでいるから後ろ頭が写っている。

バストも全部写っているわけではなくて 上半分くらい。乳首は写っていないということ。
この写真がとても美しい。
誰だったかな 親しいカメラマンが(女性?)撮ったのですね。

こういう写真、どなたも ママになったら 撮っておいたらいいと思う。
母乳をあげる時期って ぺちゃぱいの人も 巨乳になるんでしょ?
本当、美しいです。
ターシャさんは そのころから 電気も水道も出ない(10年くらい)環境で 子供を育てて ガーデニングも始めていたらしい。
それでもとても楽しんでいらしたらしい。


そこから 清里寮に行って ランチビュッフェを食べました。
量的に全部食べれるかな?と思ってチョイスしたのはこれ。

IMG_0404-1.jpg

IMG_0405.jpg

八ヶ岳方面で採れた野菜を多用しているとのこと。
確かに トマトも かぼちゃも大根もおいしかったです。

チャーハンとかカレーをもっと少しにするのだった。
全部食べましたけれども。
デザートがおいしかったから 
炭水化物を食べないか少しにして 野菜とデザートを山盛り食べればよかった。
プリンもおいしかったのです。

ケーキはおかわりしました。

また、続きます。

ターシャ ミニミュージアムの写真から

旅行
10 /25 2018
ミュージアムに飾ってあった写真を 撮ってきたものです。
まだ他にも写真は撮ってきましたが とりあえず こんなところで。

ターシャさんは 10年前くらいに 92歳くらいでお亡くなりになるまで 
アメリカの広大な土地と古い家に住まわれ素晴らしいガーデンを作り上げた。

IMG_0392-1.jpg

IMG_0396-1.jpg

IMG_0395-1.jpg

IMG_0398-1.jpg

IMG_0393-1.jpg

IMG_0394-1.jpg

IMG_0397-1.jpg

とりあえず これだけアップします。
また、続けます。

ターシャ・チューダーさん

旅行
10 /23 2018
昨日は バス旅行で 山梨県の 清里に行ってきました。
クラブツーリズムで
*ターシャ・チューダー ミニミュージアム見学
*清泉寮でビュッフェ ランチ
*ターシャ・チューダーさんの翻訳本を沢山作られターシャ・チューダーさんと親交のあった食野雅子さんの講演。
*ターシャさんをイメージした曲を作曲されたピアニスト中村百合子さんのミニコンサート
こんなテーマのある旅でした。
前に 無言館に行ったときにこういうバス旅行もいいなと思ったので申し込みました。

今回もよかったですよ。

でも 行く前に犬と猫の世話やらありますから 大変なのです。

集合時間に遅れてはいけないし 緊張します。

集合場所も はっきりわからなかったので 事前に 調べに行けばよかったのに
行けなかった。
それで家を早めに出て  
駅でも最寄りの出口を人に聞いた。
男女二人連れに聞いていたら 若い男の人が近づいてきて 教えてくれた。
最寄りの出口に出ても お勤め人みたいな人をつかまえて聞いた。

ああ、わかりにくいですよね。と言ってたぶんご自分の行かれる方向と同じだったらしく
一緒に行ってくれた。
お急ぎですか?と聞かれたけれど 時間はあります と答えたけれど
急ぎ足で歩いて行った。
私があとからついてくるか ちょっと気にかけながら 歩いてくれたようだった。

分かれ道で ここからまっすぐ50メートルくらいですからと教えてくれて
私がありがとうございました とお礼を言ったら
片手をちょっと上げて 答えて 去っていった。
かっこいい!50歳くらいの方かな。

本当に 道を聞いたりすると 日本人は 親切に教えてくれると思う。
外国人観光客に 日本人は親切だと高評価なわけだ。

犬は 出かける前に 時間を気にしながら ちょっと散歩はさせたけれど
帰ってくるまで トイレが持たないだろうと思い
お散歩を知り合いに頼んだ。
夕方近く していただいたようだ。

バスだと渋滞で 遅れることがあるから 一度お散歩をさせてないと心配です。
散歩後 夕ご飯もやってもらった。
家を出たのが 朝6時ちょっとすぎ。帰ってきたのが夜8時15分。
前に犬も12時間はトイレ散歩がなくても保つと書いたことがありましたが
きのうは12時間過ぎていたわけで お散歩を頼めて よかった。

宇都宮に行ったときは 電車は遅れることがあまりないし ちょうど12時間のお留守番で OKだったのですが。

早朝に出かけるというのは 私も緊張する。
いつも目覚まし時計なんか使わなくても生活していますので
目覚まし鳴るのかな?とか 遅れたらどうしようと心配。
持っていくものは バッグにつめて 忘れ物がないように確認し
靴もすぐに履けるように磨いたり。


まだ横浜集合はいいのです。

東京集合だったら 本当にハラハラする。
もう東京集合の旅行は嫌だ。(今回の旅行は横浜集合)

一人参加でした。それでも 他に一人参加の人もいるから そういう人と隣席になって
大丈夫なのですが 昨日は 隣になった人がドタキャンで 来なかった。
きっと、間に合わなかったのではないだろうか。

それで2席を私一人で占領して 楽でよかった。

お天気も素晴らしく よかった。

清泉寮 今度は 一泊で行って 八ヶ岳のほうまで 足を延ばしてもいいなと思った。

広々ときれいでした。

IMG_0413-1.jpg


↑富士山が写っているでしょう。

詳細は また 別記事で 書きます。

夏物じまい

10 /20 2018
寒くなりました。
暑い暑いと言っていたのに もう寒いとは ちょうどいい気候の時期って短いですね。

夏物仕舞おうと思っても まだ暑い日もあるかもと実行しかねておりましたが
もう 半袖は着ないでしょう。
夏物を 大きいゴミ袋 一杯くらい(捨てたんじゃあない)天井押し入れに来年まで仕舞う。
夏物はかさばらないけれど そのくらいあります。
去年も 適当なものを 夏着る服として出していて 夏が終わった時に もう処分してもいいでしょうというものもまた仕舞った。

今年、 白いズボン1枚は 捨てます。
でも かなり しみがついたような白いズボンも またしまう。
アップルハウスの ズボン はきやすいのです。
庭仕事をするのに 汚れてしまうから そういうズボンも必要なのです。

40代ごろは 元町のグレープの洋服を 好んで買っていたけれど
その後 アップルハウスに移った。
アップルハウスは 定番のものはサイズがLMSとあって Lでちょうどよかった。

アップルハウスでも 定番でないものは 安物感があるものが多いから
定番でないとお勧めしない。定番を置いていないお店もあるから注意。

今は 足も短くなったし ちょっとやせたし ぶかぶかで Mでいいと思うけれども
そのLの時代のズボン捨てられない。何本もある。
グレープとかアップルハウスは 布を染めているものが多いから
20年も着ていると 色がさめてしまったのがほとんどです。
だからお出かけには着られないけれど 家で着る分には 本当に着やすい。
綿もいいのを使っているのだろう。肌触りもいい。
アップルハウスは スポーティなものなので 今は買っていません。
もう年齢だから マダム風なものに移行です。

その色が褪せてしまった原因が 洗濯物を干すときに 裏返しに干せば少しは色あせが 少なかったのではないだろうかと思う。
だって裏側は きれいで色あせていないのだから。

洗濯機に入れるときに 洋服を裏返しにして入れて 干すときもそのまま裏返しに干せば
色あせ 少なかったのではないか?
今になって気が付いた。
20年以上 こまやかな心遣いのできなかった私なのだなあと 反省した。

断捨離というのは 誰かほしい人にやるとか バザーに出すとか リサイクルショップに売るとか するよりも
面倒くさくないから 手っ取り早く捨てるが一番ということなのですよね。

でも 私は 今 気が付いてしまったのです。
いい生地のいい柄のブラウスなど 生地を切って縫ってゴムを入れて 髪をまとめるシュシュにする。
それであまり着ていないので捨てようと思ったブラウスも思いとどまった。
シュシュだったら 欲しい人もいるんじゃない?

根っからのケチ根性なのかな。何かに利用できるのではないか?というのがやりがいなのです。

今日の写真 茶太郎の ボヤキ
「ママが コートから外した毛皮の襟 くれるっていうんだけれどいらないよ。」
IMG_0373-1.jpg


セイタカアワダチソウ

10 /19 2018
庭仕事がしやすい季節になりました。
気温も涼しいし 蚊がほとんどいない。

今朝は2時間くらい庭をやったかな。

四国に行って観音寺から帰る車窓で
休耕田みたいなところとか 土手とかに
びっちり 黄色い花が咲いているところがあった。

あれは セイタカアワダチソウ。
関東ではそんなに見なくなりましたがこの辺はまだあるんだなあと思った。

セイタカアワダチソウは外来種で 繁茂力が強くて 日本の在来種が絶滅するのではないかと
最初危惧されたんですよね。
でもそのうち セイタカアワダチソウは増えすぎて自滅してそれ以上増えないとわかって
安心されました。
確かに この辺では あまり見ないです。

四国は 今増えている時期で そのうち自滅するのでしょう。

庭仕事をしていて気が付きいましたが 家の前の空き地に セイタカアワダチソウが咲いている。
背の高い草が生えているなとは思っていたのですが 花が咲かないとセイタカアワダチソウとはわからなかった。

増えたら困るから 切ってきました。

IMG_0377-1.jpg

花の部分は切ってごみ処理の容器で腐らせる。

自然消滅すると言っても 空き地が 全部セイタカアワダチソウに占領されて
その後 いっぱい咲き過ぎて自滅するのだったら何年かかかるでしょう。
それに ほかの地域に増えても困るし。

近くにこんなのもあった。

IMG_0378-1.jpg

こういうのは 大歓迎だけれど。

写真で更新

10 /18 2018
2、3日 留守にしていたら 庭に黄色い花が。

IMG_0374-1.jpg

IMG_0375-1.jpg

台所の生ごみを 庭に埋めているので かぼちゃですね。
たぶんカボチャはならないだろうけれど 花だけでもいい。

アボガドもかなりの確率で芽が出て 育ちます。
冬は 室内に置かないとだめです。

次は 円覚寺の前に書いてあるお習字。対面の山と夕日が写っています。

IMG_0314-1.jpg

高松で食べたもの

旅行
10 /17 2018
今回は 3泊したけれども 夜中について 朝のうちに帰ってきたので
滞在時間は そんなにないから 食べたものと言っても何か所ででも食べたわけではないけれど

一か所 珍しいところで食べたから ご紹介します。

駅前においしいパン屋さんがあるから 早朝そこで買って 海岸沿いの公園に行った。

スナメリの椅子の所に広げてたべようとしていたら おばさんが近づいてきた。
あら、ここで食べてはだめと 怒られるのかなと思ったら
階段を上がったところにベンチがあるからそこで食べたらいいよと教えてくれた。
そこだと通る人に見られないし見晴らしはいいしと。

このスナメリの椅子で食べようとパンを広げていたらおばさん登場だったわけです。
IMG_0332-1.jpg

最近できたのでしょうね。初めて見た。この階段。

IMG_0330-1.jpg

目の前に 魚釣りをしているおじさんたち。
IMG_0327-1.jpg
夫は 魚を釣って自給自足をすると言っていたのではないですかね。
魚なんか一度もつっていないでしょう。

これ一人で食べたのではありません。
パンケーキみたいのを半分。
サンドイッチはエビカツみたいのを一つ。ホットドッグみたいのを三分の一。

IMG_0326-1.jpg

残りは持ち帰って 夫の朝ごはん。夫は温めたシチューと パンケーキ半分とサンドウィッチ3個で十分だというので
ホットドッグは明日の朝用に冷蔵庫に。
明朝は 前夜のレストランで残したピザ半分とこのホットドッグと リンゴと柿を剥いて夫の朝ごはん。
おっ!豪勢だなと言っていましたよ。
私は朝ごはんは食べないで新幹線に。

お弁当を買って乗ろうかと思いましたが
特におなかがすいていなかったので車内販売のサンドウィッチとコーヒーで済ませました。


そんなこんなでご馳走は 法事の和食のコース料理は 皆 夕ご飯いらないと言っていたくらいウエストがきつくなるくらい
食べましたが期間中は たくさん食べたわけではない。

うどんは 2か所で食べたけれども そんなにおいしいと思って食べたわけではない。
竹清というところは ゴールデンウィークなど 市内のうどん屋さんが並んでいないのに 並んでいるうどん屋さんだったから
有名なのです。 今回行きたかったのですが行けなかった。
今、記事を書きながら 以前行っていたうどん屋さんを思い出した。あそこ行けばよかった。

1か所は 駅の所にある連絡船うどんを食べました。
橋がなかった昔、四国には 連絡船で渡った。
その時船上で 1杯 120円くらいでかけうどんが食べられたと思う。

それと同じうどんなのでしょうと思います。
特に讃岐うどんの特徴があるわけではない。
こんな味だったかもねと 結構食べられました。優しい味。

IMG_0319-1.jpg

最後に 坂出と観音寺に行ったときに 高松に7時頃帰ってきたのでこれから夕食を作るのもなんですから駅の近くの3階にレストランなどが入っている面白い形のビルで ピザとスパゲッティーと ポテトと生ハムのサラダをひとつづつ取って 夫とシェアーしましたが
ピザは半分しか食べられず 持ち帰って次の日の夫の朝食になったわけです。

ここの鍋焼きスパゲッティ?とかは 今度来た時にひとりで一人前食べてみたいなと思ったくらいおいしかった。
麺がもちもちだった。

IMG_0368-1.jpg

そんなところで ご馳走を食べたわけではないのですが やはり食べ癖がついて食欲戻りそうですから
今日はおかゆを炊いて食べました。
胃が大きくなってしまうといけないのです。そうするとおなかがすくようになってしまうのです。

こんなところで高松紀行 終わります。

観音寺の寛永通宝

旅行
10 /16 2018

IMG_0359-1.jpg

IMG_0358-1.jpg

IMG_0357-1.jpg

こんな山の中に寛永通宝のお金があるとは驚きます。
それに 3百何十年も前からあったとは。
コンクリートでもないのによく形を保ってきたものです。
もちろん手入れはしているのですが。

説明文が長い形なので2枚に分けて撮りました。
読みづらいですが2枚をくっつけて 判断ください。

IMG_0361-1.jpg

IMG_0360-1.jpg

最後の所 この銭形を見た人は健康で長生き出来て お金に不自由しなくなると書いてあります。
今回行ってよかったよかった。

行きはタクシーで 帰りは徒歩で観音寺駅まで戻りましたが 帰り大変だった。
でも歩いたおかげで街の様子がよくわかりました。

でも歩いたのは町の中心部ではなかったと思うのでにぎやかではなかった。
山の上から撮った市街地の写真。

IMG_0362-1.jpg

この山から下りて駅まで歩いたので 町の端っこを歩いたのですね。
市の中心部は歩いていないので きっと観音寺の特徴はわからなかったのだと思うけれど、
たぶん 観音寺は 人口が減っていると思う。
タクシーの運転手さんも 昔は アーケード街も活気があったと言っていました。

たぶん香川県は高松に人口が集中して 近隣市街は 人口が減っているのではないかと思う。

高松はお店もマンションもいやというほどあるし病院もたくさんあるし。 
近隣の市街が人口減少になっているとは考えもしなかった。
東京に人口が集中するように高松も人口集中しすぎでしょう。

別記事で 今回高松で食べたものなど記事にします。

香川県立東山魁夷せとうち美術館

旅行
10 /16 2018
坂出には 駅近くにも美術館があるようですが
今回は海が目の前にある喫茶店の写真が印象的な東山魁夷せとうち美術館に行きました。
もう一つの美術館は 次の機会にまた行けると思って。
東山魁夷せとうち美術館は結構遠い。車がないと不便。
タクシーで いくらくらい?と何台か並んでいる後ろの方の運転手さんに聞いたら2160円 と言ったので
まあいいかと最前列のタクシーまで行って乗りました。
そうしたら本当に 2160円だった。もう決まっているのかな。
それ以外には 路線バス 380円くらい 乗り合いタクシー580円くらい。
時間が 合わないと 時間ロスだから 2160円タクシーを使いました。
帰りは路線バスで帰ってきました。
14、5人乗りのかわいいバスです。
こういうバス 都会でも走っていてもいいよね。大きなバスに2、3人しか乗っていないのは無駄。

IMG_0349-1.jpg

東山魁夷さんの絵は 蒼い深い森の中の木の絵が 印象にありますが
今回行ったときは 絵本の絵とか 外国に行ったときの椅子の絵がたくさんあって 意外だった。
他の美術館などから借りて  ときどきそういう特別展示もしているそう。
椅子の絵は よかったです。 外国の町中にある椅子。
椅子は自分では動けない。でも何かを語っていますね。

喫茶店に入りました。
IMG_0334-1.jpg

このケーキがおいしかった。甘くなくて。このお皿とカップは東山魁夷さんの絵です。
こういう食器を売っていたら 買う人もいるのでは?
行ったときに 2人くらいお客がいましたが すぐに出て行ってあとは私たちだけ。
時間があったら 東山魁夷さんの画集なども置いてありますから そんなのを見ながら 
ゆっくり時間を過ごしてもいいと思いました。

坂出の街は 落ち着いた感じの町でした。
やはり人口はそんなに多くはないのでしょう。
こんな通り。シャッター通りとは言えないかもしれないけれど しまっている店も多いようです。
イーオンがあるから そちらにお客は取られているのかな。

IMG_0352-1.jpg

東山魁夷さんの外国の椅子の絵をたくさん見て 坂出のこんなベンチ 気に入りました。
これと同じの 鎌倉のわが家のスペースにも置きたいな。
それで 近くを通る人に ちょっと一休み腰かけてもらう。
お年寄りが多いから 途中で 一休みはしたい地域なのです。
ちょっと一休みしたいときに 「どうぞの椅子」にしたいのです。
大工さんだったら 同じのを作れるかな。
ちょっと器用な人だったら 作れるんでしょう。
こんなの作れるよという方がいたら 作ってください。

IMG_0350-1.jpg

IMG_0351-1.jpg

この後 電車に乗って 観音寺へ。

帰ってきました

旅行
10 /15 2018
本当に忙しい時に四国に用事があって
12日 こちらの用事を済ませてから 夜の6時に 新横浜から のぞみに乗って高松に。
大体高松に夜10時に着きました。

それで今日は 高松を9時16分のマリンライナーに乗って 帰路につきましたが
やはりのぞみで岡山から新横浜が3時間くらい 新横浜から鎌倉の家までが普通列車で待ち時間もあり1時間半くらいかかったのはかかりすぎですよね。

ひかりで 小田原や 熱海で新幹線を降りて 大船経由で帰ってきた方がよかったかもしれないです。
ひかりは大人の休日クラブのジパングで 3割引きだし。
でもその3割引きになるジパングの会員手帳を忘れていきました。
どうせ割引にならないのならと のぞみで帰ってきました。

13日 用事を済ませて 14日 ちょっと日帰りで 坂出の美術館と 観音寺のお金の見える場所に行きました。
夫が撮った写真。
よく撮れた気がします。
写真は載せないことにしているので携帯に入っているのを カメラで撮って それも暗く映ったのを縮小して載せます。
よく見えないほうが想像できれいに見えるでしょう。

以前記事にした元町チャーミングセールで買った スヌードをしているので 写真を載せたかったのです。
それに やはり 3,4キロ やせたということは スタイルがきれいに見えるなと思った。
このところ 忙し続き ご馳走を食べる機会も続いて リバウンドが 危ないところです。
これから 頑張ります。

四国の記事は ちょこちょこと まだ 書くと思います。

またご訪問ください。
IMG_0371-1.jpg

更新、2、3日お休みします。

ダイエット
10 /11 2018
うちの庭のシュウメイギク。

IMG_0313-1.jpg

今週末にかけてとても忙しいので ブログ更新できないかもしれません。
来週は更新できると思いますので またご訪問ください。

ちょっとストレスがかかっているのか このところ食べすぎているかもしれない。
気持ちを引き締めて 頑張ります。


味噌汁の本

料理
10 /10 2018
新聞記事になっていた お医者さんが書いたみそ汁の本 買いました。

IMG_0306-1.jpg

昨日 焼き芋を作った南部鉄のお鍋で作ります。

IMG_0307-1.jpg

こういう南部鉄のやかんとか鍋で料理をすると鉄分が採れていいのですよね。
でも今まで重いので使ってなかったけれど

お味噌汁ぐらいは頑張る。

この長生きみそ汁の特徴は 赤味噌と白みそを合わせて使い 降ろしタマネギとリンゴ酢を入れています。
具もユニークなのがありますから これはおいしいと思うのがあったら紹介します。

いただきもの

料理
10 /08 2018
きのう いただいたもの。 アケビとカボス。その方のお庭になっていました。

IMG_0295-1.jpg


次は今日、会った方にいただいたもの。
茨城に 親戚がいらして 毎年送ってくださるというサツマイモ。

焼き芋の作り方を 土鍋でもできますよと お教えしたのですが。
私は 今日 南部鉄のお鍋でつくってみました。

ごく細火にして 50分くらいでできました。

ま、1時間みればできると思います。
25分くらいしたらひっくり返して鍋底に上下が当たるようにします。

IMG_0300-1.jpg

おいしくできました。
焼くコツは
汚れ防止にホイルを敷いています。
水は入れません。ごく細火。サツマイモを途中でひっくり返す。
50分から1時間くらいで お箸が刺されば出来上がり。

私はいつも土鍋で作っていますが
うちの土鍋は 安物だからいいのですが
もしかして すごく高級な土鍋を使っていたら 使わないほうがいいかもしれない。
割れないとは思いますが 壊れたらと心配でしょう?

だから ちょっとひびが 入ったりした土鍋 こういう時のために捨てないで置いておいた方がいいのですよね。

アケビの皮が食べられるらしいので冷蔵庫に取ってあります。
実(み)は 甘さを楽しむだけで種ばっかりです。種を植えてみようとは思います。

カボスも びっくりするくらい木になっていました。
四国はカボスがたくさんできるのでうどんにもいろんなものに入れるらしいけれど
わたしの生まれ故郷の栃木では使わなかった。

くださった方も なんにでもかけると言っていました。
魚でも焼きそばでも。

わたしも冷蔵庫に入れて 粗末にしないで 全部いただきます。

ご心配おかけしたでしょうか?

10 /06 2018
9月3日に 蚊取り線香の記事を載せてから 4、5、6、7と 断りもなく更新無し。
どうしたの?倒れているんじゃあないでしょうね?と心配いただいた方いないかな。
パソコンが急に 待ち受け画面から 動かなくなりました。
今日パソコン教室(私が習っているわけではない)のところにもっていってみていただいて 直りました。


ああよかったよかった。
ブログもですがパソコンがないと本当に不便。
携帯があるとはいえ 携帯なんかよく見えないし。

それでコンスタントにブログを更新している人が急に 更新が無くなると 
それで本当にその後復活することもなく終わりになってしまうと
本当に心配する。
ある程度の年齢の人は体調を崩すことも間々あると思うのでパソコンができないほど悪いのかな?とも思う。

でも前日まで 快調に楽しいブログを展開していたのに
急にやめるというのは よほどのことでしょう。
もしかすると今回の私のように パソコンが急に動かなくなって その後新しいパソコンを買うのも やめてしまって
ブログもやめるということもあるかな?

でも ほとんど毎日訪問してくださっている方に 何も伝えず急にやめるというのは
よほどのことがあれば仕方がありませんが 普通はいけないと思う。

本当に心配してくださる方がいらっしゃると思うので申し訳ない。
止めるときは一言ご挨拶して 私はやめます。
でも当分やめないでしょう。

断りなくブログの更新がなかったら またパソコンの調子が悪いのかなと思って下さい。

「今日の円覚寺」
ちょっともみじが紅葉しかかっているように見えるとしたら 塩害かもしれません。

IMG_0277-1.jpg

蚊取り線香

10 /03 2018
私が庭仕事をする時は 犬も庭にいることが多い。
今 蚊がいます。
そんなに長時間 外にいるわけではないのだから
どうせなら 一度にいっぱい火をつけてやろうと 4か所に火。

IMG_0270-1.jpg

わたしって 頭いい~~と思いましたが
植木鉢の中に入っている火はあまり風に当たらないせいか 消えた。
外側に出ているのは風に当たってよく燃えていましたよ。

蚊取り線香に利用している 容器他にもあるんです。

IMG_0272-1.jpg

どこで買ったのか 忘れましたが たぶん バザーなどで焼き物をやっている方が出展していたものを買ったのだと思う。
穴の開いている丸い筒みたいのは 雪が降った時にかまくらを作って ろうそくをともしてこれを上からかけて置いたら
夜きれいでした。
また雪が降ったら ココ君キティちゃんと遊びたいものです。

もう一つ 以前 塩原温泉に行ったときに 灰皿のような形の入れ物にふたがついている 蚊取り線香を入れておく焼物を買った。

それは 今夏、鎌倉に来ていた夫が四国に持ち帰りました。

夫は 北鎌倉の窯元(宝の庭)で 焼き物をさせてくれるのを知って 蚊取り線香入れを作ると言っていたのですが 
作らせてもらうのに 3000円だか4000円だか、かかるし 1か月くらい後で 送ってもらうのに送料もかかるだろうし
なにわともあれ 夫がちゃんと作れるとは疑わしい。
時間と4,5千円が無駄になる懸念あり。
それで 確か 塩原温泉で 2000円で買ってきたと思うのですが 夫が自分で作って使えるものができなかった場合
そんな無駄損をするよりもと あげたのです。

遺影

感動
10 /02 2018
樹木希林さんが亡くなって 本当に残念なことでしたが
お葬式の様子がテレビで放映されて
希林さんの遺影が とてもきれいだと思った。
たぶん遺影用に プロのカメラマンの方に撮ってもらったのだと思うけれども
きれいでいい写真だった。

希林さんは たぶん顔の右方向から 撮られるのがお好きだったのではないだろうか?
カメラを見ていない目線がいい。

娘さんの 也哉子さんの弔辞も素晴らしかった。

最初、泣きそうになって 我慢して キッと上を見たことがあったけれど
お母さん、無事に弔辞が 言えるように 応援していてねと 願ったのだと思う。

内田裕也さんは骨上げの時に 希林さんのあごの骨をハンカチに包んで持ち帰ったそう。
きっと 自分が死んだら 自分の骨と一緒にして 埋葬してほしかったのではないだろうか?

加藤剛さんのお葬式も放送されていた。
加藤さんも 本当にきれいなお顔の方で 遺影は 少し若い時のものと思いますが
たぶん普通に撮られた写真で いい表情の写真を選んだのだと思いますが 内面性のわかるいい遺影でした。

お葬式って 結婚式のような 一生に 一度の 晴れ舞台のようなものなのかな。
遺影は 自分の納得のいく写真を用意しておきたい気がする。
たぶんスタジオで撮ってもらっておいた方が画像がきれいでいい気がする。

台風 鎌倉 無事

鎌倉紹介
10 /01 2018
いつも 何十年ぶりの 大型台風とか ニュースで言っていても 鎌倉は ほとんど被害はなかったので
今回も甘く見ていました。

そうしたら真夜中ということもあり 怖かった。
暗くてどのくらい風が強くて 木々が揺れているか見えない。
それに 硝子戸 窓の所にシャッターがあるので シャッターを降ろしておけばよかった。
もう真夜中になっていたから ガラガラと大きな音のするシャッターはご近所迷惑ですから 閉められない。

ほとんど 被害は ありませんでしたが
朝、前の山を見たら 栗の木のそんなに太くない枝が 5メートルくらい折れて落っこちていました。
家の敷地ではないし 落ちていても いいんだけれど。そのうち朽ちてしまうでしょう。

今日は 暑くなるようです。
夏物の洋服を 少し 天日にさらしてから 仕舞うようにしましょう。
最近の 雨ばかりの天候の時に仕舞っては 湿っていてカビの原因になるとテレビで言っていたから。

きのう唯一よかったことは ウッドデッキの木をたわしで磨きました。
表面に ほこりが固まっていたのが雨で緩んで 落とせました。
じょうろで たわしで落とした汚れを流しました。
後は 雑巾で拭いて 乾かして ペンキを塗ります。

「今日の写真」
庭に落ち葉いっぱい。
IMG_0266-1.jpg

桜草の鉢 ふたつ。
右側が高松で買った九重紅
左側が突然変異の黄緑色の桜草。
かろうじて芽は出ているのですが 元気に咲くかどうかやきもきです。
IMG_0268-1.jpg