藍色の洋服

09 /06 2017
藍色の洋服が増えてきた。
というかこの頃買う服は藍色(水色、紺色)の洋服ばかり。

藍色似合います。
それで小物も藍色にあうものが集まってくるからそれでいいのではないかな。

写真がアップできればこういうのとこういうのとこういうのって
お見せできるのに 写真なしのブログになっています。

昨日藍染の作家物のワンピースを手洗いした。
白い色の所が冴え冴えとして 藍色もくっきりとして すごくきれいになった。
藍って洗うときれいになる。藍ってすごいと思う。お洗濯でよみがえる。

以前バザーで白っぽく汚れていた手提げを50円で買ってきて
藍じゃあないかなあと思いながら洗ってみたらやはり藍だったと書いたことがありましたが。
その手提げ増えてきた藍色の洋服に合わせて持ってよく似合います。
あの時絣で擦り切れているところを補修しただけで
パッチワークみたいな模様はつけようかと思ったけれどつけなくてよかった。

手提げつながりで
これもブログ記事にした ことがあるかと思いますが
これもバザー(ファミマ?)で 手提げを見て 「これスワトウですね」と言ったら
「わかる人に買ってもらいたいから100円でいいわ」とのこと。

確かに汚れていた。
でも丁寧に洗ったら持つのにおかしくない程度にきれいになった。
スワトウししゅうは全然傷んでいない。
なぜ、持ち主は洗わなかったのだろう。洗ったらいけないと思っていたのだろうか?

買ったとき高かったと言っていた。
もう長いこと使ったと言っていた。

つつじさんって50円とか 100円のものばっかり使っているの?と思われるでしょう。
でも今年買った 
琉球藍のワンピースは4万円もしたんですよ。
昨日洗った藍染のワンピースは3万8千円だったかな。3年前くらいに買った。

琉球藍のワンピースは1回目は買わずに帰ってきたけれど
やはりすごく気にいったので次の日売れていないといいなあと焦りながら又買いに行った。
残っていました。
これも作家物で 琉球藍というのは沖縄の上のほうで作られている藍。
大きさもぴったりで、私は型紙を作れないのでこれをまねして違う生地で違う洋服を作ってもいいしと。

これを初めて着た日。
友人の急逝を知りました。お通夜は次の日だったので
そのまま、その洋服でお通夜の前日にお別れに行きました。
なぜだか 喪服よりも この洋服でお別れできたことがよかったと思った。

特別な一枚になりました。

スポンサーサイト