あなたは昔深い海の真珠だった

おひとりさま
05 /28 2010
舟木一夫さんのコンサートで県民ホールまで。
舟木さんは私が中学生の頃御三家トリオですごい人気だったのです。
特にファンではなかったのですが生協で券が買えたので見ておこうかなと思ったのです。

その席の列は一枚だけ購入した人の列だったのか私以外も皆、女の人一人でこられた方。
一人で来た人ってシャキットしている感じがしました。
おしゃべりしたりしないから。

青春歌謡で始まった舞台、どんどんどんどん花束を持った人が舞台袖に押しかけるのです。
舟木さんも歌いながら受け取って舞台にディスプレイのように用意された台の上に花がこちらを向くように丁寧に置かれます。
紙袋もあるし、お手紙なのかな?封筒みたいのもあるし。
歌いづらいでしょうと思ったけれども、きっといつもそうなのでしょう。
ファン倶楽部の人がいつもそうするのかもしれません。
6つ用意された台の5つ目の半分まで埋まりました。
見ているうちに、あと一つ半埋めないとと思ってしまうから不思議です。

花束贈呈は最初の青春歌謡の時だけです。

18歳でデビューして47年だそうです。

65歳だそうです。でもおじさんっぽくならないのはすごいですね。
声は若いときとはちょっと違うような気がする。

タイトルをあなたは昔・・と書いたのは
舟木さんが一つ映画をあげるのだったら
「あなたはむかし」と言う映画を見て欲しいといったから。
舟木さん22歳。内藤洋子さん16歳の時の映画だそうです。
それを話しているときにかわいくルンナルンナルンナと歌っていたのは内藤洋子さんの声だろうか。
内藤洋子さんは当時深い海の真珠だったと言う雰囲気ありました。
好きな女優さんでした。結婚して家庭に入ってしまったのはとても残念でした。

私は・・?と思ったら 「私は昔、深いジャングルの怠け者だった」というくらいのフレーズしか思い浮かばないわ。
この映画は探せたら見てみたいです。

1時間ほど早目に行って、山下公園でバラの花を見たり中華街でお茶を買ったりカタログハウスの店にも寄りました。

2010_05277月21日0009
スポンサーサイト

4日が誕生日

おひとりさま
05 /02 2008
5月4日が誕生日です。あと1日でまた一つ年を取るわけです。

たとえば誕生日までではなくあと1日が本当に残された時間だったとしたら私は何をするのだろう。

そんな気持ちで誕生日前の一日を使ってみるというのもいいかもしれない。

去年の誕生日は何をしていたかというとブログには書いてありません。
3日に横浜パレードを見に行って2日連続でパレードの記事を載せています。

2年前の誕生日は娘がくれた薔薇の花が花屋さんで葉っぱを取りすぎだといって怒っています。
ブログに書いてあります。

3年前の誕生日にはブログを始めていませんでしたが
誕生月から始めようと準備をしていました。
それで5月11日からブログが始まっています。4月末にマレーシアに行った記事から載せています。

ブログももうすぐ3歳です。記事が間もなく900に近いのではないだろうか。
しかし、ブログではいろんなことを教わったり気づかされたりしました。

年の初めに今年は変化の年にすると今年の字は「変」と書いたのですが
そんなこと言っても変われるのかなあと一抹の不安がありましたが
住まいが変わるのできっと日々の暮らしも少し変わるでしょう。

ブログ名を「楽に呼吸できる場所」から進化させて「○○○○の家」にしようかと構想中。
以前「渡り鳥の記憶」というブログ名に変えたいと言っていたのは少し保留です。

あ、お誕生日のことを書いていたのでした。
明日はお掃除で、あさって4日当日は「ママはお誕生日なんだからごはんはつくらないわよ」とどこか素敵なところに出かけるかな。

2008_04267月21日0009

いよいよ未熟の晩鐘

おひとりさま
11 /19 2006
20061119102647.jpg


舞台の奥中央のドアから小椋さんが出ていらしてシクラメンのかほりではじまりました。
小椋さんの歌を聴くと 会いたくて会いたくて でも会えない恋人にやっと会えたような気持ちになります。
こういう感じがするのは小倉さんの崇高な人間性とどこまでも暖かい大きい心を私が感じるからだと思います。

未熟の晩鐘となずけられた今回の全国ツアーは歌をたっぷり聞かせてくれました。
♪シクラメンのかほり
♪さらば青春
♪木戸を開けて
♪甘いオムレツ
 (お母さんをうたった歌は必ず入れるし必ずお話しますね。)
♪白い一日
♪日曜日にはキミを
♪少しは私に愛をください
♪めまい
♪俺達の旅
♪流されはしない
♪未熟の晩鐘♪
♪記憶
♪落日燃え

小椋さんの歌の歌詞はとても美しい言葉です。

第2部は歌綴りといって「花かんざし」と言う話を小椋さんのナレーションと歌と楽団員の方の
歌で構成された和製のミュージカルのようなもの。楽器も琴から 琵琶 三味線と日本の伝統の音楽のすばらしさを感じさせてくれます。

「歌談の会」と言う名のコンサートでも昔話をミュージュカル仕立てにして楽団員の方が歌われていますが、今回の花かんざしはストーリーはたぶん小椋さんの心境を映していると思うし、あらすじも心を打ちました。後日そのあらすじを出来たら披露したいです。

一部と二部で何曲、小椋さんは歌われたでしょうか?軽く20曲は越えていると思います。5時40分くらいにはじまったコンサートが終わったのは8時45分。3時間も堪能しました。
歌談の会のときはアンコールはナシで
「本番で力を使い果たしてしまうからアンコールはないのね」と思っていましたが今回はアンコールに応えてこのコンサートと同じ名前の「未熟の晩鐘」というアルバムに載っている新しい曲「船旅」を歌ってくれました。
最後は♪愛燦燦と私の好きな♪山河とこの♪船旅でした。

今回、注目したのは 小椋さんが民謡と津軽三味線の名手の高橋孝さんという若い男性にほれ込み
若い世代に継承したいと思っていらっしゃるのでしょう、彼のために曲を書きたいと思った数少ない逸材だと、「自分のCDは買わなくてもいいから彼のCDを買ってください」言っていました。
それで私は彼のCDと小椋さんのCD付きの小椋さんとのインタビューに基づいて書かれたこの本を買ってきました。

20061119213020.jpg


高橋孝さんは小椋さんがプロデュースした歌語り「一休宗純物語」で「ぼくさい」という役をやった人です。声で気がつきCDにサインしてもらうときに「一休さんに出ておられましたね。お声に記憶がありました。」と言ったら「覚えていてくださってうれしいです」と握手してくれました。
彼は1月27日に千葉県文化会館でファーストコンサートをします。
小椋さんもいらっしゃるようです。これにも行ってみたいと思っているのですが。

それよりこの写真のパンフレットのNHKホールのコンサート。
いいホールでいい席でもう一度 この未熟の晩鐘を見たいです。まだ席はあるかな。

未熟の晩鐘(小椋佳コンサート)

おひとりさま
11 /18 2006
20061119064726.jpg


よこすか芸術劇場で小椋佳さんの全国ツアーコンサート「未熟の晩鐘」を聴いてきました。はああ~、すばらしかったですよ。
今日は余韻に浸ってもう寝ます。明日、続きを。

「追伸 ブログが変!のこと」 
消えていた記事がかなり復活してきています。
まだ何もしていないのに。今年の6月から、3つか4つくらいしか各月記事がなかったのに20近くまで増えています。コメントも復活しています。
向こうで直しているのですね。数えてみるとまだ29記事くらいが戻っていないのですがしばらく様子を見てみます。

ここはどこ?

おひとりさま
06 /19 2006
20060619205809.jpg
綺麗なアジサイ。

20060619205839.jpg
手前の幹は桜の木。それに水をたたえているのはプール?左上半分に見えるのは藤の木と思います。
四季折々に愛でたであろう花木のある庭。プールまである家って私の家だったらうれしいなあと思いますが当然違います。

20060619205932.jpg
ワンちゃんがまたいました。1度会ったことのあるワンちゃんではないかと
写真を撮ってきましたが。

20060619205902.jpg
そう、ここはスターバックス御成町店。

出来て間もない頃来たことがありブログにもアップしましたが今でもスターバックス御成町店で検索がされます。
ふくちゃんの漫画を描いた横山隆一さんの邸宅跡に出来た異色のスターバックスです。日陰茶屋のお菓子も出店していて食べられるのです。木の実タルトがとても美味しかったです。混んでいるから席を見つけてから注文しないと座れないことに。
でも居心地がいいからでしょうがスターバックスのお客ってここに限らず長居しすぎ。もう少し短時間で席を立ってもいいと思いますよ。混んでいるし280円くらいのコーヒーなんだから。
うちのほうのスターバックスは寝てる人もいるしね。
たぶんこのワンちゃんの飼い主はいつも散歩の途中で立ち寄るのではないかと思うのです。2回とも夕方の同じくらいの時間に行ったので、同じワンちゃんじゃないかと思うのです。
1回目の記事もごらんになりたい方はここをクリックしてください。