FC2ブログ

スマフォで記事と画像をおくります。

12 /15 2018
猫が煉瓦ストーブのうえにいたのでぱちり。
昨日は、とてもさむかったですね。



↓ここからパソコンから送信

写真が 小さいまま写りますね。
パソコンから送信したらと思ったけれど パソコンに取り込めていないから 写真をアップできない。
スマフォで私のブログを見ている人は 写真を大きくして見れるのだろうか?

なかなかスマフォ、パソコンの取り扱いがうまくできません。


けさ、テレビを見ていたら この頃はメールばかりだからハガキとか手紙をもらうのはうれしいと
出演者が言っていたけれど ああ!とわたしもおもった。

最近は ラインとかショートメールとかもあって 本当にメールが あふれている。
使っていない絵ハガキとか たくさんあるから 今度ハガキ書いてみようかな?





スポンサーサイト

賢い魔魅ちゃん

12 /06 2018
IMG_0668-1.jpg

魔魅ちゃんの後ろ姿 いつか絵に描いてみたいと思う。
なかなか妖艶です。

魔魅ちゃんが賢いといつも言っていますが

茶太郎と一緒に外に出すと 2匹は一緒には行動しなくて 1匹づつ勝手なことをしているようですが
魔魅ちゃんは しばらくすると 茶太郎が 家に帰っているか見に来る。

それで帰っていると安心して自分はまた遊びに行く。

積極的に外に出しているわけではないのですが
魔魅ちゃんは 脱走がうまい。

私が 自転車で帰ってきてガチャンと自転車を置いて 玄関のカギをかちゃっと回すのを待ち構えている。

玄関の中で にゃにゃと鳴いているのが聞こえるから 
別の出口から入ろうと 前に回ると
ママは庭に回ったなと もう魔魅ちゃんが 先回りしている。

ああそうだ玄関の チャイムを押すと 宅急便かと思って逃げるんだった。
最近それを忘れていた。チャイムをおしてからはいればいいんだ。

先日 友人と鎌倉に行くときも 脱走されてしまった。
玄関から入らずに前に回った時に 開けたら さっと出られてしまった。
この時は犬の散歩から帰ってきたとき。
だから自転車の音を立てたわけではないのに。

もうそろそろ犬の散歩から帰ってくると そのあたりも 魔魅ちゃんは把握しているのだ。

でも茶太郎だったら 外に出しっぱなしは心配だけれども
今日は 午後には帰ってくるし 魔魅ちゃんだったら 外でも大丈夫だろうと出かけた。

ウッドデッキにご飯と水は置いておいた。

ちょっと気になっていたけれども
かえってきて 魔魅ちゃん と呼ぶと
パ~と走ってきた。

その後、外に出ると しばらくして ママはいるんでしょうね?と 私を確認に帰ってくるような気がする。
私がいると安心してまた遊びに行くようだ。

やはり 家に帰っても ママがいなくて 戸を開けてくれないというのは ショックなことだったのだろうか。

精霊が見える?

11 /25 2018
前回のブログで八幡宮で 七五三の女の子の 着物を撮った時に
後ろを歩いている黒っぽい洋服の二人の背中に 白い丸が写っています。

モチロン光線の加減だろうとは思いますが
神社やお寺などで写真を撮るとかなりの確率で 白い丸い円が 写りこみます。

以前 東慶寺の黒壁のあたりを撮った時も すごくいっぱいあったし。
前回の干し柿つくりの記事で
わたしの家の前の山が写った時も 「いっぱい精霊がいるのを見てください」と書いたと思うのですが
これは光の乱反射かと思いますが白い丸写りました。

以前、お寺でお葬式があった時に 参列された親戚の方の肩の所に
まるで 亡くなった方がおんぶしているんではないかと思うくらいしろい大きな丸が写っていた。

くるねこ大和さんの家の猫が亡くなってまだ数日ですが
他の白い飼い猫が 何もないのに天井あたりを凝視している。
きっと亡くなった猫の霊が まだ 大好きだったくるさんの家にとどまっているのではないかな?

家で前に飼っていたタマも何もいないのに 部屋の隅の天井を凝視することがあった猫でした。
まるで 霊がいる?と思わされました。


追伸

一回目の干し柿が かびたので 再度作り直したと 書きましたが
かびないようにするためには
熱湯に入れて 熱湯消毒すればいいのでした。

去年は そうしていたのでした。

熱湯は一度柿を入れると冷めてしまうから火はつけっぱなしで
そのたびに沸騰させてから五秒から十秒くらい漬ける。
今回の柿大きいので十秒漬けた。
一度忘れて干してしまってからでしたが 大丈夫でした。

IMG_0582-1.jpg

猫の話

11 /22 2018
同窓会に行く朝、猫に脱走された話をちょっと書きましたが
リンクしている「くるねこ大和さん」の老猫が亡くなった。
くるさんは本当にやさしい方で 頭をくるさんの手のひらに支えられて
ずーっとくるさんの顔を見ながら 亡くなったらしい。
2000を超えるコメントがされているのはすごいです。

家でも ニャンコ先生の死んだときを思い出した。
ニャンコ先生は 本当に痩せて もう老齢でそんなに持たないだろうと思って保護してきた猫です。
それでこんなにブスな猫見たことないと思うかわいくなさだった。
あまりにブスなのでニャンコ先生という名前しか思いつかなかった。
その後ブログには まりちゃんという名で出ておりました。
しかし、保護して少しづつ太ってくるとそれなりに可愛くはなった。
それで痩せて老猫に見えたけれどもそんなに年ではなかったのだろう。
家に来て7年くらい生きた。
風邪をひいて ちょっと具合が悪くなって 1か月くらい そろそろ危ないかなと思ったころ
私は引っ越しで 前の家と今の家の荷物など片づけるのに
行き来していた時に 近く 四国にも行く予定になっていたので
四国に行く前に ニャンコ先生 死んでくれないかな
私がいるときに死んでほしいなと次男と車の中で話していて
家に帰って リビングのソファーにいた ニャンコ先生をなでたら
ニャンコ先生はソファーから飛び降りて 吐いて すぐにその場で死んだ。

もう私を待っていたようでした。ギリギリ待っていたのでしょう。

その時、猫風邪を引いた子猫を預かっていたので赤ちゃんの時にある種の猫風邪をひくと1年くらいしか生きないということも聞いていたのだけれど
元気に育っていましたが 本当に 3匹次々に死んでしまいました。
もう落ち込みました。その当時のブログはふりかえって見られなかった。
それから 11年くらい飼っていたタマも死んで
影千代も死んで1年半くらい 猫のいない生活でしたが

くるねこ大和さんの 里親募集に出してもらっていた 魔魅ちゃん親子を 迎えたのでした。

魔魅ちゃんになぜか惹かれたのです。

賢い猫を飼ってみたいと思っていましたが
それは魔魅ちゃんだったのかもしれない。
本当に賢い子です。


IMG_0451-1.jpg

魔魅ちゃんと茶太郎が LINE でしゃべった

08 /11 2018
IMG_0021-1.jpg

もうかわいくてびっくりしました。
次男から送られたLINEで 魔魅ちゃんと茶太郎がしゃべっている。

茶太郎は 「茶太郎です。つつじ家に来て毎日が楽しいです」と言っている。
魔魅ちゃんは「魔魅です。最近の体調はどうですか」と言っている。

魔魅ちゃんの瞳に次男の顔が映っています。家に来た時に撮った猫の写真を使って
アプリでできるそうです。


次男は今日から 槍ヶ岳と穂高に登っているらしい。
お天気はどうだろうか。携帯のつながらない高地です。帰ってくるまで心配です。

私も若いころ、穂高は登りました。
槍ヶ岳は 見るからに怖そうで 登らなかった。