FC2ブログ

忙しい

04 /24 2019
今週は出かける用事が3回あって忙しい。
連休後半から 8日くらい留守にするので 家に留守番に来てもらうのに
片付けもしないとね。

しかし家の掃除はどちらかというとすぐに飽きてしまって 
庭の管理のほうが好きです。
家の片づけに飽きると気分転換に庭に降りる。

今日は庭のほうに力が入りました。

花大根を邪魔なところは抜いて 地面をなるべく広くしたかった。
空間が大事でしょう。

IMG_1564-1.jpg

IMG_1565-1.jpg

ぬいた花大根は 火鉢に水を入れて根っこごと水に漬けました。
IMG_1562-1.jpg

スポンサーサイト

物置の片付け

04 /19 2019
結構大きい物置がガラクタで埋まり
園芸用の土や肥料 空の植木鉢などが物置と家の間のスペースにあふれ

このままではたまに街で見かけるゴミ屋敷が 歩道までゴミがあふれてくるのと変わらないじゃないとおもって
物置の片づけが最優先と思った。

引っ越してきたときに 本箱を捨ててしまったので 段ボールに入れたのや紙袋に入れた本などもあった。
それから次男のキャンプ用品などもある。

一番問題は 中身が入った瓶やペットボトルが捨てられなかった。
中身を空にするのがどうしようかとわからなかった。
洗剤とか調味料とか人間の化粧品関係とか車を持っていた時の車の洗剤。


まず 一升瓶に入った梅酒。

コレ実家の母が作ったんだ。
飲めるかな?
梅酒だったら飲めなくても台所の流しに捨ててもいいよね。
と台所にもってきて ちょこに1杯,飲んでみました。
おいしいです。
物置は夏など多分60度にもなると思う。
よく味が変わらずに 熟成したような味になったものです。

これはたぶん20年も前になると思う。
夫も行った私の実家で 母が 「これわたしが作ったんだよ。もっていくかい?」と1升瓶を持ってきた。
夫がもらうといった。
私は興味がなかった。それで家にもってきても 自分でも飲まないし、夫に勧めるということもしなかった。
それで 引っ越しの時に残っていたのを持ってきて邪魔だから物置に入れたのだと思う。

母が亡くなって8年。
なぜ飲んでみておいしいよと言ってあげられなかったのだろう。

人は味とか匂いとかで 記憶がよみがえることがありますね。

「私が作ったんだよ。もっていくかい?」といった母の言葉がよみがえって
「はああ~~」と 悲しくなって 涙が出た。

母が亡くなって8年 亡くなってから初めて泣いた。

私がちびちびとおちょこ1杯づつ毎日飲んでもいいけれど
こんど子供たちや 姪っ子などにおばあちゃんの梅酒と言って飲ませてみよう。

中身が入っている瓶や容器の処分は一度にはできません。
根気よく数本づつ片づけていきましょう。

きのうはやはり1升瓶くらい大きい瓶に入っていたソースを処理した。
これは次男が大学の学祭でクラブで焼きそば屋台をやって使い残したもの。
家にもって来られてもどうしようもなくそのままになっていた。
これは 捨ててしまうタオルや新聞に吸わせるようにあけました。
でも全部吸わずにビニールの袋のそこにソースがたまりましたから
もっとタオルなどを入れないとだめです。
それからビニールを縛ってさらに新聞で包んでまたビニールに入れて封をすれば
燃えるゴミでだせるでしょう。
ソースが流れてしまうような状態で出したらゴミ収集車が汚れてしまうし
回収の方も服を汚すかもしれないし
本当に迷惑千万のソースでした。

中身の入った ビン類が無くなれば(これが問題ですが)だいぶスッキリしました。
自転車も入れられるし 出しっぱなしの土や肥料も収納できそうです。

中にあったスケッチブックを見てみたら 私が ふざけて描いた赤ちゃんだった時の次男の絵が出てきた。
これは本当にふざけて描いた記憶がある。
でもこんな時間があったということが懐かしかった。

IMG_1531-1.jpg





庭で一番りっぱな花大根

03 /17 2019
花大根が 咲いてきました。
自然に任せて咲かせている花大根です。
家では 花大根・アジサイ・百合が 毎年メインの花だと思う。

シュウメイギクもあります。

越してきたときに 植木屋さんが この庭はあまり作りすぎないほうがいいですよ。
きちんと作ってしまうと狭く見えますよ。 と言われたのを 真に受けて ほったらかしの庭にしている。

確かに 周りが山ですので ほったらかしの庭は 周りの自然になじみます。
どこまでもうちの庭みたいに見えます。

この花大根は ナンバー1の花大根。大きいです。これで一株です。
犬のトイレの おかげで栄養があるのかも。

IMG_1344-1.jpg

ここは↓ 適当にスコップで穴を掘って 台所の生ごみなど埋めたりしている。
アボガドの種からかなりの確率で芽が出ます。この葉っぱの大きいひょろりとした木はアボガドです。
IMG_1345-1.jpg

庭の真ん中に大きな額アジサイを 3株 白い大きな花のアジサイを一株植えてしまったら 
4本とも成長が早い。
もともと大きな額アジサイはたぶんいろんなアジサイの交配に使われるのではないだろうか。
挿し木にしてもすぐ付くし もともと大きく成る木です。
この3本の額アジサイを 写真に写っている植木鉢に 植えたい。
この鉢はプラスティックの鉢で軽いから 移動にいいかと思って。
これ以外は素焼きの鉢を使っています。
右奥に見える鉢も同じ植木鉢なので あれに植えているアジサイは 地植えにして 植木鉢をもう一つ空ける。

あれに植えてあるのは墨田の花火というアジサイで 期待していたのですが鉢植えにしては いまいち元気がないので
地植えで 庭のヒーローになってもらいたい。
あと一株の白い大きなアジサイは 移動させたいところなのですが 今年はこのまま花を咲かせます。
移植に失敗して今年花が見られないのは残念なので。
IMG_1343-1.jpg

植木鉢に植え替えるのは 時期的にもう早くしないといけないと思う。植え替えられるかな~。

鳩のこと

03 /06 2019
今日 更新2回目です。
前回のブログ記事も忘れずに見てください。

ハトが もう3日くらい 庭に来ていないなと思っていた。
雨の日は来ないようですが。何かあったかと心配していた。
少し大きくなったから 恋でもしているかと思った。

私が今日、庭にいたら バサッと音がして前の空き地の大きな木にハトが止まりました。

あ、ハトが来た と思って  ぽぽ君 ぽぽ君 と言ったら
ハトもグーグーポポー グーグーポポーって言ったんですよ。

わたしのこと覚えたじゃないって感激した。

IMG_1249-1.jpg

それからウッドデッキから餌を蒔いてやって 私は家の中に入ってみていたら 餌を拾って食べていました。

IMG_1256-1.jpg

2月は出費大

02 /28 2019
2月も今日で終わり。
1月は風邪が長引いてぐずぐずしましたから
2月は外に向けて 活動的な月にしたいと ブログ記事を書いたような気がしますが
特に活動的にもならず。 
特筆するのは犬の足の爪が抜けるというアクシデント。
犬猫の病院通いで(ほかに買い物もしたけれど)お金を使った感がある。
3月は節約しよう。
と言っても 3月は 青春18きっぷを使って 鉄道旅はしたい。

それに毎日 レンガのストーブのある1階リビングに入り浸りだったけれど
3月は生活の拠点を2階に移す。
1階は なるべく散らかさないようにして来客が来ていただきやすいようにしておきたい。


「今日の写真」
炊飯器で作った焼き芋

IMG_1208-1.jpg


友人が炊飯器の炊き込みご飯設定で焼き芋が上手にできるからやってみてと熱心に言うから
やってみた。
でも私は お芋の種類が問題でしょうと思っていたけれども
やはりこのお芋は甘くて柔らかい種類のイモだった。
私はほくほくしていてあまり甘ったるくないサツマイモが好きです。
これ作ってみましたが 確かに みずみずしく柔らかく甘くできます。
多分これはほしいもなどによく使われる種類のイモではないだろうか。

もう一度 ほくほくのあまり甘くないイモの種類で作ってみます。
確かに焦げないでしっとりとした焼き芋が失敗せずに作れるでしょう。
どちらかというと蒸しイモという感じ。

炊飯器に 3本くらい 並べて お水をカップ半分強 くらい入れて
炊き込みご飯設定で スイッチを入れるだけです。

イモを炊き終わった時に ちょっとお水でなべ底がぬれているくらい。

私が今までやっていたのは 1本だったら 洗ってラップで包んで
電子レンジでイモの大きさにより時間を変えて 4分5分6分くらい加熱する。

沢山作るのだったら大きなお鍋がいっぱいあるから
なべ底にホイルを敷いて 汚れないようにして
イモを並べふたをして1時間くらい加熱する。
途中で上下ひっくり返す。
土鍋とか無水鍋とか分厚い鍋が熱が均等に加えられていいです。

大きな鍋がたくさんあるんです。
こんど鍋特集をやってみよう。
ひとり暮らしなんだから いらないでしょうと思われるかもしれないけれど

すてられないなあ。
理想は 来客がいつもたくさんある家で 芋煮会などしたいという思いはあるんだけれど
それは 主婦の力がないとできない。

たくさん人が集まる家というのは主婦の力があるんだよね。
私は今までなかなかできないことでした。

でもまだやろうと思えば できる体力はあると思う。

一人暮らしの世帯も増えていると思うので
気楽に集まって お話でもできるスペースにできたらという思いはある。