ちくちく お裁縫

手芸
04 /05 2017
他にやらなければいけないと 気になっている事はあるのに
学生時代定期試験の前になると 本を読んだり机の片づけをしたり
勉強から逃避していたような 状態でしょうか?

手仕事がやりたくなった。

沖縄で絣の端切れなど少し買ってきた。
反物の形になっていなくて 切った部分があってL字型になっていた端切れ、
ごわごわした絣でなくて 細いいい糸を使っているのだろう
スカーフにしたらいいような端切れがあった。
丁寧に接いでスカーフの大きさに長方形にすればいいのです。

やってみました。チクチク縫う手仕事はテレビを見ながらちょうどいい。

全部無駄にすることなく利用して スカーフと チュチュができました。

私って天才でないかと思った。

普通にスカーフ
IMG_6162.jpg

一寸残っていた同じ布でチュチュ(髪留め)。
IMG_6168_20170405072958ef1.jpg

チュチュをスカーフ止めにしても。
スカーフの両端は今チュチュをはめている処あたりで布を継いでいるので縫い目があって滑らず止まりやすいです。
IMG_6167.jpg

アームバンドにしてもいい。アームバンドにするのは布がないから半分に細くして2本作るか
裏に他の紺色の布を足して2本にする。
IMG_6170.jpg

こんな結び方もできる。
IMG_6171_20170405073235973.jpg

チクチク縫うのが好きなのですが今まで 手ぬぐいを端が切りっぱなしなのが嫌で
中表に2枚合わせに縫ったり 両端をかがったりするくらいがいいところで
手芸 というカテゴリーをつけるのはおこがましいと思っていた。

でも布も好きだから布を継いでタペストリーを作ることなど
やってみたいことなのです。

テレビを見ながら小さいものでも出来上がると達成感があってうれしい。

そして 私って 天才じゃない?と思っているのです。

スポンサーサイト

どっちがいい?

手芸
03 /30 2017
沖縄で買ってきたズボンと長いベストの様な2枚。
生地は同じものなのでそろいで着るとお揃いになるけれど。
模様などは作者が同じものは2枚と作らないというので同じ生地色柄ではない。

それに自由奔放な感じの作り方です。緻密ではない。

写真を撮ってあったのでお見せすると

上着の胸の部分
IMG_5966_20170330095726756.jpg
ズボンの後ろ側についている模様。前にはついていない。
IMG_5964_201703300957270f6.jpg

胸の茶色い色の所とズボンの青い色はシルクであと絣木綿。
素材が統一されていないと変じゃあないかあと思う。
それに赤色は入れたくないなあとおもって一部分をはずしてみた。
1段階
IMG_6122_201703301036327c4.jpg
IMG_6121.jpg

全部はずしてしまったのが
2段階。
模様はなくして手もちのアクセサリーをひとつつけたら良いかと。
IMG_6136.jpg

IMG_6137_20170330103950d12.jpg
IMG_6138.jpg
ズボンも なにも模様はなくしました。

ズボンのうしろに模様があった時に犬の散歩のときに私のうしろから歩いてきた人が
かわいいと言ってくれたのですが シニアだからね。
かわいくなくてもいいから上品のほうがいい。

元のほうがよかったのに~ と思うかたもいるでしょうね。

捨てられない

手芸
11 /12 2016
カテゴリー 手芸とするのは何とも申し訳ない。
だいたい今までも 雑巾くらいしか作っていないのに手芸のカテゴリーに入れてきた。

今回は 穴の開いたズボンやセーターをつくろっただけ。
↓はズボンに開いた穴を アップリケなどで繕ったもの。
IMG_5162.jpg
猫の顔は破れのところに捨ててしまうシャツについていたのをはがして縫い付けた。
緑のズボンは目立たなくつくろうよりも却って目立ってもいいんじゃあないかとぶつぶつと継ぎあて。
黒いパンツは転んで穴をあけてしまった。でもとても気に入っているパンツだったので花を縫い付けました。

↑の黒いパンツに縫いつけた花は↓の写真の左のウールのズボンのすそについていたもの。

はがして カシミヤ100パーセントのセーターの肩の所に穴が開いてしまったところにも縫い付けた。
1か所だとおかしいかとおなかの下の方にも付けた。
これで 十分着れるでしょう?
あ、でも猫の顔は あ、猫だ!と驚かれたことがある。
猫の顔と緑の継ぎ当てのずぼんは家でしかはきませんけれど。
ちょっと近所くらいは出てしまうことはあるので。
IMG_5163.jpg

捨てればいいものがあるのは重々承知している。
でも、ものの役目を全うさせて捨てたいと思うのです。
気に入ってつかっていた物はなおさら。

11月もあっという間に過ぎてしまうと思うけれど
11月はものを捨てることに重点を置きたい。

今日の写真
イスの下の方に犬がいます。
ちゃあ君は犬と同じ部屋でも平気。
マミちゃんは犬と同じ部屋にはいられません。

IMG_5160.jpg

京都のお土産

手芸
10 /26 2015
今日は、犬と長距離散歩。
桜の葉っぱが紅葉していたので写真を撮りましたが
難しいわあ~~と思って2枚ほどしか撮りませんでしたが
結構きれいに撮れていました。

IMG_2290.jpg

2時間半くらい歩いたのに犬が大をしないのでへんだなあ?と思っていたら
朝庭に少し放していた間に大をしていたらしく
その後庭の片づけをしていた私が踏んでしまうとは!

京都のお土産をいただきました。

これです。
なんだかわかりますか?

IMG_2291.jpg
寸法を書いておくと
1辺の長さが35センチ(縫い代別)の正方形の布を2枚中表に縫って周りを端ミシンをして。
対角になる角を1辺10センチの四角形になるところで折って
折ったところが接している角のところを2か所ひとところだけをしっかりと閉じます。
写真に印をつければよかったです。言葉でいうのはわかりにくいでしょう。

それから 写真の左右の端っこに糸で結んだのが見えるのがボタンをつけたところです。

これはこういう風になります。

IMG_2294_20151026233439e76.jpg

ティッシュケースです。
こんなに簡単にできるティッシュケースはじめて見ました。
お気に入りの布があったら作ってみてはいかがでしょうか?

ティシュケースは常に使っています。
他にもありますが こんなのです。
IMG_2292_2015102623385617e.jpg

IMG_2293_201510262339225e6.jpg

夏向きの窓

手芸
08 /27 2015
今年の夏、テレビを見ながら ほどいた浴衣の生地をチクチク縫っていた。
何にしようかと思ったわけでもなく5枚の布をつないだ。
洗いざらした木綿地は肌触りが良いので 
同じ大きさのはぎ合わせ布を2枚作って中表に縫ってタオルケットの代わりに使おうかと思ったり。

暗い部屋ではレースのカーテンと違ってあまり光がとおらないので暗くなってしまう。
2階のリビングは西日が当たるので明るい。
そこの窓につけてみたところです。
夏らしくていいでしょう。

IMG_2082.jpg

上部分を竿に通せるようにして
下は窓枠にちょうどいい長さに合わせて裾上げをしたら 割といいかもしれません。

これは白地に紺の模様を2種類使ってつくりました。

IMG_2077.jpg

こちらは灰色に見える紺色の男性物の浴衣の生地を1枚使いましたがこれは透けるし使わないほうがよかったかな。
直すかもしれません。でももう夏も終わりなので完成は来年になるかも。

IMG_2078.jpg