平塚市美術館に行きました。

感動
05 /31 2017
先週の土曜日、夜10時頃の番組でしたが
今 平塚市美術館で行われている「リアルのゆくえ」という美術展に
2点出展されている犬塚勉さんの 「梅雨の晴れ間」 という絵が紹介されたのを見て
どうしても見てみたかった。
まだ39歳という若さで山で亡くなったというのはとても残念です。
「梅雨の晴れ間」という絵は普通ののっぱらでたまに人が通るのであろう踏み固められた道らしき跡と
後は生えている雑草の一本一本木の葉っぱの一つ一つ、咲いている花はハルジォンかヒメジォンか凡て綿密に描き込んであります。
写実的で景色を撮った写真のように見えますけれど 写真ではないのです。
人間は描いていないのに 人の気配が感じられて 温かいような懐かしいようなそんな感じのする絵です。
遠くの木の枝のところに赤いリボンがさりげなく結ばれている。
一面の緑の中の小さな赤。
誰かが何かの目印にそこに結んで行ったのでしょう。
そんなところが 人を描いていなくても 人の営みを感じて温かい気持ちになる絵なのです。
誰かが歩いて行った細い道も人の動きが感じられる。

見てよかった絵でした。

私はボタニカルアートを少しやっていたことがあって
ボタニカルアートは 白い空白を生かす絵で
白い画用紙にだいたい1本の花を描く。
背景などは描かない。
でも、野原の花や草の群生を白い空白失くして描いてみたいような気がしたのです。

でもあの絵は出来上がるまでどのくらいの時間を要したのでしょう。
何万回だか気の遠くなるような回数筆を動かしたのです。
だって大地に萌え出た草を全部描いているのですから。

次は 足利美術館で開催されます。
その後あと2か所(愛知と姫路)全部で4か所の美術館で開催されます。

平塚市美術館はは6月11日までです。

平塚の街を一人でぶらぶらしたのははじめてでしたが
平塚っていい町でした。
別記事でそんなところも書きます。

IMG_6585.jpg

IMG_6586_201705310334547f8.jpg
スポンサーサイト

なぜブログを始めたか、なぜブログが続いたか

感動
05 /11 2017
ブログを始めたころのことを思い出してみた。

ハワイ在住のプロのサーファーの方のブログを読んでいた。
癌で余命いくばくもない日々にもベットからブログを更新されていた。
少し更新がされないとどうされたかと心配した。
2005年の2月末の頃 亡くなられた。39歳くらいだった。

たくさんのお悔みのコメントで 回線がつながらなくなった。
私も初めてコメントをしたと思う。
「天国で君に逢えたら」という本を書かれた飯島夏樹さんという方です。
まだ小さいお子さんが4人いらしたでしょう。

これだけ多くの方に読まれるんだなとブログってすごいと思った。
それでブログやってみようかな?と思ってちょっと調べて
飯島夏樹さんが亡くなられた2か月後くらいに始めたのです。

5月初めからにしたかったのですがちょっとまごまごしました。

なぜ続いたかということは
昨日 文章を書くのが好きだった。写真も好きだった。と書きましたが
写真はオートで撮っているだけ。勉強したらもっと上手になる。景色からどこを切り取るかだけで勝負をしている。

さらに昨日気付きました。
ブログ記事をひとつ、書くということは 達成感があるのです。
主婦の仕事って 終わりはなくて私の場合毎日達成感を感じるということは少ない。

それが1日に一つブログ記事をアップするということは
小さな一つですが 達成感につながるのです。
なのでブログを書かないと なんとなく物足りないような気がする。
記事が書けた時は 満足する。

それで私のブログは続いているのでしょう。

よそのブログで教えてもらうこと

感動
02 /09 2017
訪問している「糸巻きパレットガーデン」のところでやはり 「ぐるぐるつばめ食堂」さんのところで紹介されていたとブログ記事にされていた話を
私も、紹介したいです。

訪問している多くのブログで教えてもらうことって多い。

ユーチューブはブログに貼り付けられるか やってみないとわかりませんが
出来なかったら「糸巻きパレットガーデンさん」「ぐるぐるつばめ食堂さん」
のところに飛んでみてください。

やはり今はユーチューブを張り付けられないので(やり方がわからない)お二人のところに飛んでみてください。

若い人に特に見てもらいたいけれど
年齢なんか関係ないかもね。
きっと誰にも勇気をくれると思う。

ナターシャ グジーさんのコンサート

感動
01 /28 2017
たくさんお誘いしたかったけれど
忙しかったこともあり 結局声をかけたのは5人でしたが3人はご都合悪く
おふたりが来られました。
お二人とも一人は4時まで一人は5時まで用事があるという忙しさなのですが
開場時間には間に合うとのことで。
先に来られる(4時まで用事)友人と軽く夕食を食べて受付に並ぼうと会場まで行ったら
5時まで用事があったかたのほうが早めに来られて前のほうに並んでいてくれたので
2列目の席 真ん前に座れました。

ナターシャさんはすごくおきれいです。
細い。色が白い。着ているお洋服が民族衣装なのか刺繍がきれい。
クロスステッチ?で花の模様などをさしているのか本当にきれいなのです。
スカートの花のパッチワークと刺繍もきれい。
日本の振袖に匹敵するような民族的な衣装なのかなあと思いますが
いつもそういう衣装を着ています。

6歳でチェルノブイリで被爆して30年と言っていましたから
36歳か7歳でしょう。日本に来て17年。

CDの歌の曲名を見ると鳥という言葉が入っている歌が何曲かある。
ナターシャさんは鳥が好きなのかしら。
アンコールで最後に歌ってくれた歌も鳥の歌。
本当に小鳥が高く高く遠く遠く空を飛んで消えていくような歌い方で圧巻でした。

最後はみなで「ふるさと」合唱で終わり。
消えてしまった故郷のチェルノブイリ。
きっと故郷を思っていつも故郷の歌を歌われるのでしょう。
5年前に聴いたときは東日本大震災が起きてまもない時期で
チェルノブイリと重ねてナターシャさんは涙され、会場でも泣いている方が多かった。

帰りは4時の方が帰りを急がれ5時の方が少しお時間あったのでお茶をして帰ってきました。
なかなかいろんな人と集まりたいと思っても個々に連絡を取るのは大変だし
大勢の人だと当日お話も出来ないしと思って余り声掛けできませんでした。

ナターシャ・グジーさんのコンサート

感動
01 /07 2017
ちょうど東日本大震災が起きた2011年の3月に
東京のお寺?であった小さなコンサートで初めて聴きました。

ナターシャさんも六歳の時にウクライナで被爆されているので
福島に心を痛めて 歌われたことを思い出します。

感動しました。

ブログ記事にしたはずと探してみたら

2011年3月30日
2011.年4月8日に 記事にしています。

クリックすると当時の記事に飛びます。ぜひ当時の記事も読んでください。
文中の曲をクリックすると「いつも何度でも」を歌っているナターシャさんがいます。
あらためて聞いていたら自然に涙が流れました。

IMG_5636_201701071029026fc.jpg

このポスターを 車を売ったので県税事務所で納税証明書がいるので取りに行ったときに隣接している
戸塚法人会の前の掲示板で見かけて
アッと思いました。
県税事務所に行かなかったら気が付かなかった。
戸塚駅まで戻ってきて桜プラザに行ってチケットを買おうとおもいましたら
さくらプラザではチケットを取り扱っていなくて戸塚法人会で買うようにとのことで
その日は(1月4日)まだ戸塚法人会はお正月休みだったのでまだチケットは買っていません。

これ できるだけ多くの方に聴いてもらいたい。
地理的に近くの方には声をかけるけれども チケット買っておいてほしいという方は知らせてください。
当日は買えません。

聴導犬のデモンストレーションもあるとのこと。
ワンちゃんの好きな方もどうぞ。

さくらプラザというのは戸塚駅の2階の改札を出てそのまま階段も使わずに行けます。30歩くらいで行けます。
新しくできたビルです。そこの3階がコンサートホールです。
2階は駅のホームに沿ってホームがよく見えるレストラン(喫茶?)があります。

ナターシャさんを知ったのは過去の記事を見ると陶片木さんのブログで紹介されていたので
聴きに行ったのでした。
それも忘れていました。

ブログを書くということはそんな利点もありますね。

数か月前に
ナターシャさんがウクライナに帰られて お母さんに電動自転車をお土産にしたというテレビがありました。
お母さんは 町から離れたところでひとり暮らしをしていて
お買い物をたくさんすると重い荷物を持って遠い道を歩いて帰るのです。
それをナターシャさんが心配して日本の電動自転車を持ってお里帰りをしたのです。

本当にきれいな歌声です。
ぜひぜひお出かけください。