マダム・イン・ニューヨーク

映画
09 /27 2015
マダム・イン・ニューヨークという映画を見ませんか?
と誘ってくださった方がいたので 孫たちが23日に帰って 映画は24日なので 時間はあると券を頼みました。
鎌倉には映画館がなくて不便です。
いちばん近くて港南台、上大岡、辻堂などでしょうか。
マダム・イン・ニューヨークは 鎌倉学習センターで見ました。
ここは、スクリーンは小さくて 大きな劇場には及びませんが近くで800円くらいで見られるのはいいです。

だいたい誘われたら よほどの不都合がない限り お誘いは受ける。

馬には乗ってみよ 人には添ってみよ と言いますから。

マダム・イン・ニューヨークは 自分も頑張ってみようかな?と思わされる映画で見てよかったです。

*あらすじ*
インドの主婦がニューヨークにいる姪の結婚式に出るために結婚式の6週間前からニューヨークに一人で来る。
インドの家族は結婚式が迫ってからくる予定でインドにおいてきている。
この主婦は英語ができないので
入国の時も「姪の結婚式に出るために来ました」というのを何回も練習し
それからニューヨークに来た当初 コーヒーの注文の仕方などスムーズにできずに悲しい思いをする。

そんなときに4週間で英語が話せるようになりますという英会話教室の広告を見て入学する。
他の生徒も外国から来てニューヨークで働いて英語で苦労している人たち。

彼女は 家族の中で一人だけ英語ができなくて
娘などはお母さんを軽んじているようなところがある。
夫もお菓子作りの得意な彼女をそれだけの女だみたいな言い方をする。

でも英会話教室で学んでいくうちに彼女は自信を取り戻していく。

わたしも勉強してみようかなと 励まされる映画でした。
インドの映画ってよく踊りのシーンが出ますが楽しいですね。
スポンサーサイト

土曜日は

映画
05 /20 2013
土曜日はレイウェル鎌倉というところで無料の映画会があった。
「最強の二人」 見ようと思っていて見逃した映画だったので
カレンダーにメモしておいて行きました。

奇数月の第3土曜日に午前・午後2回やるらしい。
スクリーンは小さかったけれど 無料というのはうれしいので今度から覚えておいて行くようにしよう。

それから、鎌倉芸術館のほうに行って ちょうどヨーロッパ刺繍と日本刺繍の展示会が開かれていたので見た。
刺繍というのも惹かれます。ポストカード買ってきました。

IMG_6979.jpg

日曜日は 次男のワイシャツを買いに港南台に。
慣れているので 上大岡とか 港南台が 買いやすい。

高島屋のネクタイ売り場で 店員さんが いろいろ相談に乗ってくれたけれども
値段が高かったので買わずに来てしまいましたが 買ってくればよかった。
就活用のネクタイを仕入れているそうです。
あまり、ステキすぎてもだめだそうです。

さて あの枕は 影千代は すっかり忘れました。
自分用にもらった枕で寝ています。特にあの枕がよかったわけではないみたい。

私は、愛用して 不思議なことがいっぱいあります。
いちいち書くのもなんですから
そのうちまとめて書きましょう。

眠る時間は 不規則にしないで いつも同じ時間に寝るようにしようと思っている。
11時から5時くらいまでは寝たいと思っている。
昼寝はしないようにしたいと思っている。

しかし、あの枕は わたしに合っているような気がする。
気持ちよく眠れます。



ニューシネマパラダイスを見た

映画
04 /27 2013
いい映画は何ですか?というと
ニューシネマパラダイスっていう方が多いような気がしますが
私はまだ見ていなかったので
上大岡のTOHOで 想いでの映画を10時から1週間単位でやっているのが
今週はニューシネマパラダイスだったので これは見ねば!と行きました。

よかったです。
やはり名作と言われるだけある映画でした。

10歳くらいの坊やの時と 20歳くらいの青年の時と 50歳くらいの壮年のときの俳優さんが
10歳の坊やが時間が経って大きくなったらこうなるだろうと思われる似た容姿雰囲気の人だったのが
余計この映画を 感慨深いものにしたと思う。

話はそれますが

仙台のコーちゃんに送ったこいのぼりの手拭い 送る前に撮っておきました。
昨日、届いて すぐに飾ってくれたようです。
これは今やっている 北鎌倉の猫エクスポで売っていたので買ったのです。
このデザインは1枚しかなかったのでその後補充してあるかどうかはわかりません。

コーちゃんも、映画の主人公の様な 魅力的な壮年になるのかなあと思うと
人生もなかなか楽しいなあと思う。

IMG_6537.jpg



あれやこれや

映画
02 /15 2013
カテゴリー、映画にしましたが あれやこれやの記事になると思います。
1月に、レ・ミゼラブルを見て 昨日、東京家族を見ました。
映画も見始めると続くのです。
予告編を見るせいもあるかもしれません。

生意気なおじさんキャラのテディベアのTEDもみたいものです。

東京家族は吉行和子さん おじょうずでした。
みなさん、芸達者な俳優さんばかりだけれども妻夫木君ってひかってるなあとおもった。

広島の瀬戸内海の島(大崎上島)に行ってみたいと思う。

それから、映画に録音されていた鶯の鳴き声。
鶯の鳴く季節が恋しいなあと思う。
鶯の鳴く声で目が覚める季節、いい季節です。
日本も四季があるからいいのかもしれません。

今日は今にも雪になりそうな曇り空。
降ってこないうちにハニーの散歩を済ませました。
しっかり歩いてくると納得して日中はよく寝ている。

私も、気になる散歩を済ませたら
今日は家にいて抜く作業(ごんおばちゃまの整理術)でもしようかとおもっていた。

そうしたら 散歩中にゴミ袋7個分の衣類ゴミ発見。
多分一軒の家から出たと思われる。
近くに粗大ゴミですと貼ってあって 洋服ダンスも出ていた。
ゴミ袋七個分の洋服を捨てたら 洋服ダンス一竿、不要になるかもね。

まさか、そのお宅もごんおばちゃまの「抜く」をやっているのではないでしょうね?
それか断捨離?

いま、昔の婚礼三点セットの箪笥類 いらなくなりましたね。
マンションなどは作り付けやウォークインのクロゼットがついているし
家具を置くスペースはない。
それで、買ったときは何十万も100万もしただろうと思われる立派な箪笥類が
リサイクルショップで 安く売られていたりする。
もったいないなと思う。

それから、七段飾りのお雛様なども 買われなくなったのではないだろうか。
実家に預けているとか、押入れがお雛様で埋まっているとか、聞きます。

氏家で、お雛様のために古い家を買ったかたがいるそうです。
ひなまつりの時期にお雛様を飾るための。
おひなさまを収集されて たくさんあるのでしょう。
氏家とお雛様の関係 なぜそんなに盛んなのか ちょっとまだよくわからないのですが・・。

IMG_6480.jpg

影千代は謹慎中だけれど完全に室内飼いにするのは無理。
外から玄関を開けるとさあっ~と出てしまうこともあるし、
それでは玄関からでなくリビングから入ろうと庭に回ると、
もう影千代もリビングにまわってきている。

IMG_6495.jpg

アントキノイノチ

映画
11 /20 2011
映画を 上大岡のTOHOで見るのが 通例になった。
横浜やみなとみらいの映画館に比べて すいている。

上大岡は 人口密度や人出が 横浜や みなとみらいに比べて少ないからだろう。
周りの席に誰もいないところで一人で見るのが好き。

今日は アントキノイノチを見て来ました。
よかったです。
先日は「素敵な金縛り」を見て 見ているときは面白かったし 監督は 鬼才だなあと思ったけれど
後で想いが残らない。

遺品整理業って今とても需要があるのだそうです。
先日テレビでもやっていました。

これから映画を見る方も多いでしょうから
映画のことは多くは語りませんが。

自分(男の人)の写真を撮ってアルバムに貼っていたのを その人(女の人)が亡くなってから見つけたら・・・・
凄い愛のメッセージだなあと思う。
そこで涙が出ましたね。

私、毎日写真を撮っていても 人を撮らないのです。
この映画では 人と繋がって生きていこうよと言うメッセージ。
もう少し人も 被写体にしていこうかな。

それから 強烈に反省して帰ってきたのは 人間何時ぽっくりと死んでしまうかもしれない。
好きなもの少しだけに囲まれてすっきりと暮らしていないといけないなあと思った。

それから久しぶりに上大岡のリサイクルショップによって見たら
高級食器がたくさん出ていた。
これは個人が お持ちになっていたものですかと聞いたらそうらしいです。
もしかすると 高級食器店の在庫品とかかなと思って聞いたのですが。
やはり趣味で集めていたお年寄りが亡くなると
今の人は使わないからリサイクルショップに出してしまうと言うことが多いそうです。
さらに今の ときめくものだけ残して後は捨てるブームとか 断捨離 とかでリサイクルショップに持ち込む人が増えているような気がする。

反省心が薄れないうちに 片づけをいたしましょう。

つつじ

楽に呼吸できる場所 11年目に入りました。

年の功と許される年齢になったから 時々辛口も織り交ぜて
これからも
楽しかった きれいだった おいしかった うれしかった 等々
日々のよかった話を取り上げていきたいと思います。

コメントはお名前だけでも届きますからお気軽にお立ち寄りください