FC2ブログ

味噌汁の本

料理
10 /10 2018
新聞記事になっていた お医者さんが書いたみそ汁の本 買いました。

IMG_0306-1.jpg

昨日 焼き芋を作った南部鉄のお鍋で作ります。

IMG_0307-1.jpg

こういう南部鉄のやかんとか鍋で料理をすると鉄分が採れていいのですよね。
でも今まで重いので使ってなかったけれど

お味噌汁ぐらいは頑張る。

この長生きみそ汁の特徴は 赤味噌と白みそを合わせて使い 降ろしタマネギとリンゴ酢を入れています。
具もユニークなのがありますから これはおいしいと思うのがあったら紹介します。
スポンサーサイト

いただきもの

料理
10 /08 2018
きのう いただいたもの。 アケビとカボス。その方のお庭になっていました。

IMG_0295-1.jpg


次は今日、会った方にいただいたもの。
茨城に 親戚がいらして 毎年送ってくださるというサツマイモ。

焼き芋の作り方を 土鍋でもできますよと お教えしたのですが。
私は 今日 南部鉄のお鍋でつくってみました。

ごく細火にして 50分くらいでできました。

ま、1時間みればできると思います。
25分くらいしたらひっくり返して鍋底に上下が当たるようにします。

IMG_0300-1.jpg

おいしくできました。
焼くコツは
汚れ防止にホイルを敷いています。
水は入れません。ごく細火。サツマイモを途中でひっくり返す。
50分から1時間くらいで お箸が刺されば出来上がり。

私はいつも土鍋で作っていますが
うちの土鍋は 安物だからいいのですが
もしかして すごく高級な土鍋を使っていたら 使わないほうがいいかもしれない。
割れないとは思いますが 壊れたらと心配でしょう?

だから ちょっとひびが 入ったりした土鍋 こういう時のために捨てないで置いておいた方がいいのですよね。

アケビの皮が食べられるらしいので冷蔵庫に取ってあります。
実(み)は 甘さを楽しむだけで種ばっかりです。種を植えてみようとは思います。

カボスも びっくりするくらい木になっていました。
四国はカボスがたくさんできるのでうどんにもいろんなものに入れるらしいけれど
わたしの生まれ故郷の栃木では使わなかった。

くださった方も なんにでもかけると言っていました。
魚でも焼きそばでも。

わたしも冷蔵庫に入れて 粗末にしないで 全部いただきます。

みょうがの甘酢漬け

料理
09 /28 2018
きのうのみょうがを甘酢漬けと既成のキムチにつけてみましたが
甘酢漬けはおいしくできました。
沸騰しているお湯に入れて1分くらい煮て 取り出して
甘酢とすし酢があったので適当に入れ、はちみつも少々、創味シャンタンも少し。
ブログまさかり半島日記さんの所で みょうがの甘酢漬けを使った握りずしを載せられていたので
作ってみたかったのです。
思いのほかおいしかったです。

後は 早速 ローソンでかにかまを買ってきてあったので それを使いました。
2種類買ってきて 昨日はプレーンのを食べました。
残っていたひとつはピリッと辛い「辛子マヨしたらば」というの。
真ん中にマヨネーズが入っていて上に辛子が塗ってあるんでしょう。
寿司ネタにしておいしかったです。

IMG_0254-1.jpg


カニカマのほう ご飯を大きくしてしまったのでご飯が余るので
キムチにつけたみょうがも持ってきました。
それと海苔を1日2枚食べるといいというので海苔も手巻き寿司のようにして食べようかなと持ってきました。

IMG_0255-1.jpg

キムチのみょうがは なんてことないと思う。

毎日海苔を食べると言ってもどういう風に食べればと思いましたが
手巻き寿司のように ご飯とおかずを乗せて巻いて食べれば 海苔もたくさん食べられるなと思います。

それから チーズも食べるようにとのことなのでチーズを海苔にはさんで食べるとビールのおつまみになると思う。
直前に海苔で挟むようにしないと 海苔がパリッとしているうちでないとおいしさが半減すると思う。

このチーズはちょっとしょっぱい。私は 押しつぶすとつぶれる何という名前だったか
四角いチーズを好んで使っています。


お味噌汁もあるとよかったけれど これでおなかいっぱいです。
あまり食べられなくなった。

それから8時間ダイエットは 9時から5時でなくて 8時から4時にしました。

その方が 段取り的に良さそうです。
9時が朝ごはんだと 午前中がすぐに終わってしまうから。

命のおかゆ

料理
07 /05 2018
今はされていませんが東北在住で 素晴らしいブログをされていた 久さんという男性のブログに
「命のおかゆ」という 記事があった。
お母様の介護のために 退職後郷里に戻られたようでした。

命のおかゆとは
お母様が 何も食べられないくらい体調が悪くなった時に
久さんが作って差し上げたおかゆが おいしく食べられて 回復したという記事。

そのおかゆは 里芋を一口大に切ってご飯に混ぜて炊き
それに牛乳を入れておかゆにしたというもの。

私もまねて作ってみました。
里芋の粘り気が ご飯に交じって 里芋ご飯として食べてもおいしかったです。

牛乳を入れておかゆにしたというので同じようにやってみました。

でも普通の硬さのご飯だと牛乳を入れておかゆにするのにご飯粒が柔らかくなるまでちょっと時間はかかります。
それに牛乳よりも豆乳のほうがなじむのではないだろうか と思った。

それで私の作り方は
里芋を入れた2合のお米を 3号の水加減で 柔かめに炊く。

できたのはおかゆと普通のご飯の中間くらいの柔らかさですが
そのまま食べてもおいしいし 豆乳を入れておかゆ状態にするのも時間がかからないし
その方がいいと思う。

それでその豆乳おかゆは ちょっと塩を振って食べる。

今回の食欲不振で 作って食べてみました。

おいしい。

柔らかいご飯に豆乳を入れて煮るのは 1食ずつにした。
豆乳を入れたおかゆは日持ちはしないような気がして。


まだ食欲は戻っていませんが
徐々に力はついてきています。

久さんから教わった命のおかゆ 食欲不振の時があったら 作ってみてください。

今記事を書いていて
私はこのおかゆを 母にも 義母にも 作ってたべてもらったことはないなあと 親不幸だったなあと 思い至った。

このブログを見てくださった方の中で
食欲不振の身近な人に食べてもらって おいしいと喜んでもらったら 私もうれしいです。


追伸

訂正します。
水を多くして作ったご飯を豆乳で煮ても
ご飯の硬さが残ってだめなので
*普通に炊いたご飯を まずそのままで食べて(おにぎりなんかにして)
*次回は残りのごはんにお水を入れておかゆ設定にして(炊飯器おかゆ設定ありますよね)炊いて食べる。
  この時もおいしい。
*さらにその次に そのおかゆに豆乳を入れて豆乳おかゆにして食べる。


私は1回目そうして食べて どれもおいしかったのですが
この記事を書いてから
この記事通りに作ってみたら
まだご飯粒が固いと感じて一度おかゆにしてから豆乳を入れたほうがいいと思いました。

訂正します。

豆乳は癖のない緑のパッケージのキッコーマン調整豆乳です。

鶏手羽元の煮込み

料理
04 /15 2018
テレビでこの頃よく見かける 丸い膨らんだような 帽子をかぶっている、 
ものすごく料理などを手ばやにする30代くらいの男の人がいますが、
その方が お母さんが留守勝ちだったので
叔母さんの所でよくご飯を食べさせてもらった という話の中で
叔母さんが 簡単にできる手羽元の料理を教えてくれて
そのことが人に料理を食べさせる楽しみを教えてくれたと話していました。

手羽元をフライパンに並べて

IMG_8879.jpg

マーマレードジャムを上にのせてそのマーマレードのジャムの半量のしょうゆを入れ
それからマーマレードと同量の水を入れる。
それもマーマレードの入っている瓶を使ってしょうゆや水をはかるので簡単なのです。

IMG_8880.jpg

それから 30分くらい煮込む。 弱火がいい。
途中で味を見たら ちょっと醤油が多すぎたかも。
それにもっとコクが欲しくて 創味シャンタンを少し足した。

でも確かに簡単にできましたが マーマレードってけっこう高いものもあるから
違うものを使うのは?と思って

テレビCMで
手羽元を 味ぽんと水 1対1で煮込むだけと言ってやっているのがありますね。
あれの レシピをネットで探してみてみたら
味ぽんと水 1対1 だけではないですね。 薄く切ったしょうがとニンニクをつぶしたのも一緒に入れている。
それを沸騰させてから 鶏肉を入れて 20分煮込むそうです。
最後のほうで5ミリくらいに切ったパプリカも入れて煮る。

確かに簡単にできそうですが
私は お鍋にするほうがいいかな。

お鍋にして
食べたほうがいいと言われているものいろんな物入れて
汁も うどんを入れたり お餅を入れたり おじやにしたりして 全部食べ切る。
今年の冬は 創味シャンタンを 入れただけのお鍋でもおいしかったから
けっこう作って食べていました。
一人暮らしだから おおきな鍋に作ると 2日分くらいたっぷり。
でも 素材それぞれに別の料理を作るよりも時間短縮になってよかった。

それで冷蔵庫の野菜室の残り物など なんでも入れて。