いよいよパソコン無理かも?

06 /27 2017
土日に 娘が来て直せなかったら いよいよパソコン無理かも。

メールも 長く書いていると送れなくなるので
最初動いているうちに短く書いて送信してしまいます。

今日のブログもこの辺でやめます。
今日は前の斜面に作られた巣から小鳥のヒナが飛び立ちました。
感動です。
野生のお母さんはスゴイ。

人間見習え!と思うことがある。

スポンサーサイト

6月26日のアジサイと 断捨離のテレビ番組

耳寄り情報
06 /26 2017
今日 夜の7時から9時までBS朝日で 断捨離のテレビ番組があります。
興味のある方はご覧ください。
私は引出の整理でもしながら見ますよ。

6月26日の家の庭のアジサイはきれいです。見ごろですね。
家の庭を引き締めてくれている優秀なアジサイが
今年は特に濃い色に咲いているように思う。
根元に腐葉土とか堆肥っぽいものを置いたからかな。

明月院の青が海の青だったら
うちのアジサイは宇宙の蒼だわ。

今写真をブログにアップできませんが写真は撮っておきます。

平塚の骨董市は面白かった

街で見かけた面白風景
06 /25 2017
毎月第4土曜日に開かれているのを前回行ったときにポスターか何かで見て
昨日平塚に行ってきました。

骨董市すごく面白かったです。
気さくな感じで店主と冗談を言ったりやりあったりできる感じ。

骨董市みたいなところは玉石混合だからいいものもあり、わからないものもあり。
だから面白い。

昨日一番よかったのは腕時計。
今大した腕時計は持っていなくてちゃんとした腕時計が欲しいと思っていました。

それで腕時計があったところで
「これはお買い得っていうおすすめ品はありますか?」と聞いているうちに
私はこれは品物がよさそうと目についたのをもう腕につけようとしていました。
サイズも大丈夫だったので これがいいと思って「大きくて時間が見やすそうでいいですね」と言ったら
「そうですよね。年とったら見やすいのがいいですよね」と店主が言うので
「私若いから」
と言ったら 「そうそうこれから年を取ったらね」と取り繕って 「口が過ぎた」と
3000円を300円安くしてくれました。
それで 「お買い得だったのはこれですよ」と口がお上手なことで。
そんなやり取りがどこのお店でもあって 楽しいのです。

その時は袋に入れてくれたのをバッグに入れてよくよくも見なかったけれど
パン屋さんでランチをしているときに取り出してよく見てみたら
ピエール カルダンのだった。
道理で上等な感じのする時計だったわけです。
これはとても3000円正確には2700円で買える時計ではないでしょう。
こういうのに出会えるのが 骨董市などでは面白い。

写真が今パソコン不具合でブログに載せられません。
直ったら後載せします。
それから、突然ブログアップできなくなるかもしれないので 心配しないで
また訪問ください。

パン屋さんのパンと それから孫たちに食べさせたいものと 重い荷物を持って
長男のところ(武蔵小杉)に行き
帰りは 大船で猫の餌関係を買って 行き帰り 重かったしよく歩きました。
1万歩は歩いていたでしょう。
それに今週月曜日から金曜日まで犬の散歩はしたけれど 化粧品かぶれで
あまり外を出歩かなかったので足が弱ったのか足の疲れを感じた。
やはり家にこもると体に影響が出ますね。それに人に会わないということも良くないです。

外に出て 人との交流も密にしたほうがいい。

あ、昨日のブログに自由が丘にも行くと書いていますが
とても自由が丘の美術館まで行くのは無理でした。
体力的にも3か所は無理。それに着ていくものをちゃんとして行きたいし。

今日は出かける

健康
06 /24 2017
化粧品かぶれもだいたい直ったので
今日は平塚の骨董市 8時かららしいので行ってきます。
それで 先日 おいしいと言ったパン屋さんでパンを食べて買ってそれをお土産にココ君とキティちゃんのところへ。
それから自由が丘の 小さな展覧会を見に行きたい。

やはり、体調が万全でないと出かける気持ちにもならなかったけれど
つつじさん復活というところでしょうか。

小林真央さん、あんな幸せな美しい家族から どうして神様は真央さんをと思います。
海老蔵さんも立派でした。

藤井4段とか 卓球の子たちとか まだ本当に若い中学生くらいの子の活躍が目立って
学校教育が変わったのかな?と思います。

次男たちの時代の学校教育はゆとり教育と言って
私はそんなのはだめだと思っていた。

昨日何処で読んだのかな?

尊敬する学校の先生が
1日20分本をよみなさいと言ったので自分も実践したけれども
自分の子供にも そうさせて とてもよかったと 書いてあった。

私のブログを見に来てくれた方の中でも
ああそうかと思って 実践してくれる方がいたら うれしいな。

パソコンが開くまで時間がかかる

交友
06 /23 2017
たぶんもう満杯なのだと思います。
12年もブログをやっているし
写真もバンバン撮るし
メールが何だかCMみたいのがすごく入るようになって
削除にしているのだけれどゴミ箱はどうやって空にするの?

機械につよいお姉さんが来てくれるのが唯一の頼みです。

メールのお返事、何かの申し込み、パソコンが動かなくなる前に
しておかなくてはと気が急きます。

一つ、保存しておきたい記事があって 天声人語を切り抜いてありました。
失くさないように ブログに載せておきます。

2017、3、27
「天声人語」
大学の卒業式の帰りなのだろう。ここ数日華やかな袴姿を電車で目にする。
高校も大学も式が硬苦しかったことしか覚えていないが、
こんな柔らかな語りなら聞いてみたかった。
米国の大学に何度も招かれた作家カート・ヴォネガットの卒業式講演集「これで駄目なら」を手にした。
 偉大な勝利でなく日々の暮しにあるささやかで素晴らしい瞬間に、気付くことが大事だと彼は説く。
木陰でレモネードを飲むとき。魚釣り。漏れ聞こえる音楽に耳を澄ますとき
 小学校入学からこの日までに、暮らしを楽しいものにしてくれて、誇りを与えてくれた先生に出会ったことのある人はどれだけいるだろうか。そう尋ねて手を上げさせたこともある。「今度は、その先生の名を、誰か、君の横にいる人に伝えよう。できたかね?
おめでとう。気をつけて家に帰りたまえ」
 心の底から自分の先生だと思える1人。長いようで短い学校時代に会うことができれば幸せだろう。
つらいときや迷った時、何を語っていたかを思い出す人に。
 我が身を振り返ると、とある歴史学者がいた。
「歴史上の出来事を理想化してはいけない」と教えてくれた。
明治のころの民衆蜂起に心酔しそうになった若者への戒めだったのだろう。歴史に限らず人物でも社会運動でも、これこそ正義だと思いそうになったときにかみしめている。
 一人も出会わなかったって?大丈夫。社会に出てから、いくらでもチャンスはある。

天声人語はスペースが限られているから行が変わるときは黒い三角がついてそのまま続けています。
私は読みやすいように行を変えてみました。

切抜きを 私は 先生にプレゼントしようと思う。
喜んでくださると思う。
伝えることも大切です。