FC2ブログ

昨日は 川崎

映画
08 /19 2019
昨日は川崎のラゾーナの109シネマズで ココ君と キティちゃんと映画。
アニメでしたがいまいち感動は大きくなく。
どういう映画を見たらいいか前評判などで研究してから行ったらいいかもしれない。

川崎の映画館混んでいてびっくりです。

武蔵小杉も近いし 人口が多いんだね。

映画の後 子供たちは 科学館みたいなところで遊んでいたので
(通電して?髪の毛が逆立つ)
IMG_2592-1.jpg

IMG_2602-1.jpg

私は おなかがすいて フードコートで食事していると言って一人で食べていましたら

珍しい光景があった。

私が食べていたテーブルの1列先のテーブルで
女の子(20代くらい?)が顔を覆って泣いていた。

向かい側に座っている男性’30歳くらい?)が女の子の腕とか手の甲を指で軽くなでて
慰めているようだった。女の子は本当に悲しみが全身にあふれている。
もうテーブルに突っ伏しても泣きたいくらい。

どうしたのかなあと思ったけれど
もう大好きな人に別れようと言われたら こういう風に泣くでしょうねと思った。
でもフードコートなんかでなく 逗子、葉山の海岸ちかくのカフェででも別れ話は切り出したらいかがと思う。
お食事のお盆が載っていたから食事が終わってから別れ話は切り出されたのかな。
お食事は 一緒に楽しく食べていたのかな?

男性は魅力的に見えました。
そんなところで泣いてしまう女の子とは一生を共に過ごそうとは思えなかったのかな?と推測する。
泣かれてもそれは決断しないといけないでしょう。

それからココ君たちもフードコートに来て アイスクリームなど食べて
本屋さんで本を買って帰りました。
ココ君は 海の生物など好きみたいです。
将来は生物のほうに行くのかな?
昨日買った本も そういう関係の本だった。

図書館で毎回3冊借りてくる本が3冊ともそういう関係の本らしいです。

私は垣谷美雨さんの「あなたの人生片づけます」という文庫本読み終わりました。
物を捨てようという意識高まりました。
カーテンを捨てないで取っておくという例があったけれど
私も今までのカーテン捨てていないです。

ベッドを使うようになる前の敷布団時代の夏の綿のシーツが11枚ありましたから。
それも捨てる決断はつかない。

後は地方の大きな家でお座布団50枚とか。
押し入れもいっぱいあるから散らかっているわけではなく
きちんと整理はされてしまってある。
これはわかります。
昔は結婚式でも葬式でも家でやったのだから食器から寝具から人寄せの分あるのです。

でも今は要らないでしょう。

何十年に1回くらいの人寄せには ホテルに泊まってもらえばいいでしょう。

まだまだあるらしい垣谷美雨さんの片づけ本 もっと買ってこようと思って
ココ君たちが本を探しているときに私も探したのですが
慣れない本屋さんでは見つけられなかった。

いつも行く本屋さんで見つけてきます。
もうちょっとでモチベーションが上がるような気がするのです。


スポンサーサイト

お盆休み

家族
08 /18 2019
どちら様も 多かれ少なかれ大変なお盆休みだったのではないでしょうか?
私は仙台に3日ほど行っていたので仙台は涼しく快適な時間もあった。
宇都宮は暑い。
宇都宮は 冬は寒いから気候的には暮らしにくい地域だと思う。

次男カップルは 11日に大阪から仙台に来て15日に帰る予定だったのに飛行機が飛ばず
2泊延泊して17日に 大阪に帰りました。
たっぷり東北旅行ができたでしょう。
旅行中の次男からラインで送られてくる食べ物の写真がおいしそうなこと。

娘は北海道に。
ココ君たちは 12日に帰ってきましたがママの実家の盛岡に。
夫は 9月まで仙台に。

家族が日本中に散らばっていてそれでもラインでつながっているのは面白いものです。

今日は ココ君たちと映画。

夏休みもあっという間に終わってしまいます。

7月も え?もう7月終わり?と時間のたつ速さにびっくりしましたが
8月もそんな感じでしょう。
それで気が付くともうカレンダーも1枚になった12月だったというのは毎年のことでした。

本は面白かった

読書
08 /15 2019
仙台に持参した 「どうせ死ぬんだから」という本は面白かった。
行きと向こうでも移動中とか読んで滞在中に読み終わった。
もう一つこちらは文庫本なのだけれど
「あなたの人生片づけます」は宇都宮から帰りの電車の中で読み始めたばかり。
これも面白そうです。散らかし放題の女性の断捨離の話のようです。

お盆真っ盛りに 西日本では台風でせっかくのかきいれ時に盆踊りは中止になるし大打撃でしょう。

体重は ちょっとは重くなりましたが
今日あたりは行く前の体重に戻ったと思う。

Xキロまで あと2キロ。

9月の中頃、
Aちゃんもうちに泊まる予定。
向こうのご両親もいらっしゃる予定。
もうお掃除は正念場です。

「あなたの人生片づけます」を早く読んで頑張ります。

7月31日にアドヴアイスに来てくれたつるちゃんの助言によるとやることを書いてみるといいらしい。
あれからもう半月たつのに、なんだかはかばかしくやっていないので
仙台旅行の疲れも取れたし気になることはどんどん片付けよう。


これは宇都宮駅で食べた 日光氷のかき氷。
おいしいけれどほかの所でもっとおいしい日光氷のかき氷を食べたいです。
食べたことがないのですが整理券が配られて大勢が押し寄せるかき氷屋さんがある。
一度行ってみたのですが 時間がなかったので食べるのはあきらめた。

IMG_2573-1.jpg

すずちゃん 空へ

感動
08 /14 2019
6月初め頃だったろうか?
魔魅ちゃんが 巣立つちょっと前くらいの野鳥のひなを咥えて持ってきた。
猫は獲物を飼い主に見せたいところがあるんですね。
私は気が付かなかったのですが
娘が鳥のひなと気が付いて 庭に飛び降りて両掌ですくって助けた。
魔魅ちゃんは咥えてもけがをさせていなかった。
すぐにヒナ用のえさを買ってきてヒナは娘が育てた。
大きくなって 虫を食べるようになって 部屋でも放して飛び回るようになって

早く外界にも戻さないとと思っていたのですが
今日になってしまいました。
台風がちょっと心配だったのですが今日はいいお天気のように見えたので朝7時頃カゴの入口を開けました。

飛んでいきました。

右側のもみじに止まって それから後ろの山のほうに行ったかと思ったのですが
前の木に戻ってきて止まりました。
IMG_2583-1.jpg
それから 娘が2階のベランダにいたらすぐ近くの屋根についている雨どいの所に行って
むすめのところにもどりたいのかな?と思いましたが
それからどこかに行ってしまいました。
今日1日くらいは おなかがすいて戻ってくるかもしれないと外を見ています。
カゴの入口を開けて餌も水も入れておきます。

最初スズメかと思って スズちゃんという名前になったのですが なんという鳥かわかりません。
今は野生の鳥を飼ってはいけないそうで
今 鳥の世話をしているとブログ記事にもできませんでした。
でも今日自然に戻せてよかった。

こんなにきれいな空に 飛び立ちました。
IMG_2576-1.jpg

帰ってきました

家族
08 /13 2019
今回は 次男カップルと 夫と私が 仙台で 集合しました。
たまたま夫が今仙台にいるので
次男とフィアンセが お盆休みに 東北の山登りがてら 大阪から仙台に。
私は鎌倉から仙台に行きました。

次男の フィアンセと 私たち親は 初めての顔合わせで緊張ものですが
可愛いいい方で 楽しい時間が過ごせて 本当にうれしいことでした。

ちょうど小泉進次郎さんとクリステルさんの結婚も発表されて
なんだかおんなじだねと親しみがわきます。

11日に 仙台で会って 一日私たちと松島など観光して
あと15日まで 若者は山登りやレンタカーで東北観光をしているようです。

私と夫は12日は 石巻のほうに電車で行ったり 美術館に行ったりして
13日 私は宇都宮に寄って帰ってきました。

東京から仙台まで 新幹線で行ったらあっという間でとてもよかったので
帰りも 新幹線で帰ってきました。
宇都宮から鎌倉は 湘南新宿ラインで 鈍行で帰ってきました。
乗り換えなしなので かえって楽かなと思って新幹線は使いませんでした。

次男のフィアンセをA ちゃんと言うと
とても感心したのは かわいいワンピースを着ているなと思いましたが
それがおばあちゃまが洋裁の上手な方で Aちゃんのお母様に 若いころおばあさまが縫ってくださったワンピースなのだそうです。お母様のお古のワンピース。
全然古くなくて きれいです。
デザインも 凝って作られています。

ちょっとだけお見せすると↓この黄色いワンピースです。
こういう手作り品大好きです。
今はやりの断捨離なんてこういう洋服はしてはだめです。大切に取っておかないと。
Aちゃん細い!でも山登りを趣味とする元気印。
英語もお得意。24才。私たちの年代だと 結婚が早かった人は24歳くらいの孫がいる人もいるでしょう。
可愛いという気持ちが大きいです。

IMG_2522-1.jpg

ここの 海音というところでお食事をしました。
IMG_2527-1.jpg

これは松島で食べたカキ
IMG_2541-1.jpg冷やし中華って仙台が発祥なんですってね。
夫と私だけですが石巻に行ったときに食べました。
IMG_2565-1.jpg

小泉家に クリステルさんと首相と兄弟が集まった時に孝太郎さんがこういう風に少しずつファミリーになっていくんだねと
言ったら小泉元首相が涙ぐまれたとか。

本当に 次男カップルの誕生に うれしい気持ちでいっぱいです。
幸せな家庭を築いてねと思います。